スタッフ教育コラム

2015.07.24
マニュアルの活用

4月入社の方であれば、そろそろ社会人として4ヶ月。

色々苦労しながら仕事に慣れてきた頃でしょうか。

ちょっと一息入れたいところですが、今の時期こそ徹底的な基礎を身に付ける事をオススメします。

そこで、マニュアルがある医院であればスケジュールを組んで医院のマニュアルを読み、理解出来ない部分などを書き出して調べる。

マニュアルが無い医院であれば、現在上司に教えて頂いたメモ書きをデータ化すれば、それがマニュアルになります。

次の新人がスムーズに理解できる仕組みつくりになりますのでとても良い取り組みです。

多くの人は「出来る人がマニュアルをつくるべき」という勘違いをしています。

なぜならば、本当に素晴らしいマニュアル/説明書を作れるのは

まだその業務に対して知識が無い人だからです。

もちろん、基礎の部分はベテランの方がつくるとしても、より「わかりやすい」ものにするためには新人の目線が必要なのです。

私のクライアント医院では定期的に、新人がマニュアルの更新を行い、毎年「わかりやすい」マニュアルにグレードアップしています。

是非、皆さんも医院で実行してみてください。

まずは基礎の復習から。

カテゴリ:

カテゴリ