スタッフ教育コラム

2015.06.26
「今」に集中すると「過去」も良くなる?

社会人として日々学びながらお仕事をしていると、過去の経験から

「うまくいく気がしない」 「患者様や上司に怒られるのが怖い」 「ミスが怖い」

「私は不器用だから・・・」 「人と接するのが苦手だから・・・」

など、挑戦する意欲を失うような「自分への問いかけ」をする人も少なくありません。

ここで、考えて頂きたいのは、

過去を変える事は出来ないが、過去の解釈は「今」の自分がつくっているという事です。

現在の状態が悪ければ

「私の育ち」「環境が」「先輩が」「運が・・・」 など、悪いことは全て過去の責任にしてしまいます。

しかし、現在の状況が良ければ過去の失敗は、

素晴らしい教訓となって自分を支える「経験」になっていくのです。

長期的な視野も大切にしつつも、

社会人として「今」に集中して成果を出し、過去の自分に感謝できるようにしたいですね。

カテゴリ:

カテゴリ