メールマガジン

2012年6月配信号

皆さん、こんにちは!
ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

6月に入り、衣替えの時期となりました。
いつもは、面倒だな~と思って、
ちょっとの服の移動で終わらせてしまうのですが、
そうすることで、結局、着たい時に時間をかけて
洋服をひっぱり出すことになったり、
同じ洋服ばかり着ることになったりと、効率が悪いんです。

今回は、先月に断捨離セミナーに参加してみたので、
断捨離(整頓)を行いながらの衣替えとなりました。

セミナーを受けてから行うと、やることを決めてるし、
モチベーションもあがっているので、実行スピードが格段に
アップします!

仕事と同じですね。

衣替えも出来て、クローゼットもスッキリしてとても気持ちいいです。


それでは「ハピ★スタ!通信」の第48号をお送りします。
どうぞ、お楽しみに。

メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」
第48回「プラス言葉に言い換える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

本メルマガ読者の皆さんであれば、日々、仕事の不平不満はほとんど言って
ないと思います。

しかし、何気なく、マイナス言葉を言ってしまってないでしょうか?
診療終了間際や疲れてきたとき、診療が終わったとき、こんな言葉を使って
しまってないでしょうか?

・疲れたー
・しんどいー
・早く帰りたいー
・辛いー
・一杯、一杯

このような言葉を言って元気になる人は良いです。
しかし、このような言葉を言って元気になる人はほとんどいないのです。

それどころか、それを聞いた周りのスタッフまでが

「やっぱり、あの●●さんも疲れてるって言うぐらい、うちの医院は大変
 なんだ。私も疲れてたって思ってたんだ!」

「あの●●さんでも、しんどいって言うぐらいなんだから、私がしんどいと
 思うのは当たり前だ!」

と思うのです。つまり、あなたのような医院の中心的存在が疲れた、しんどい
と口に出せば、周りのスタッフもより疲れた、しんどいと思うのです。

そうやって、どんどん医院の中で疲労感が蓄積し、そのイライラがスタッフ
ルームで不平不満口文句悪口大会として発散されているのです。

そのようなことをしても何の意味もありません。
有害です。マイナス言葉はタバコの煙と一緒です。
何気なく、吸っていると、自分にも、他人にも有害なのです。


ですので、今まで使っていた上記のような言葉をプラスの方向からの言葉に
言い換えてみましょう。何も言うなとはいいませんし、そう思うなともいい
ません。

大変なことに変わりはないでしょうし、しんどい気持ちも分かります。
しかし、それを言っても何も変わらないのであれば、もっと自分も周りも
元気が出る言葉に置き換えてみてはどうでしょうか?

・疲れたー    ⇒ 頑張った!
・しんどいー   ⇒ 今、私は頑張っている!
・早く帰りたいー ⇒ あと、もう少しだから、気を抜かずに頑張ろう!
・つらいー    ⇒ これは力が付きそうだ!
・一杯、一杯   ⇒ 私は限界にチャレンジしている!

そして、一番、大事なのはあなただけが、このような言葉を使うのではあり
ません。

あなたの周りのスタッフはあなた以上に、このような言葉を使ってるはず。
そんな時、あなたは優しく、このように言い換えてあげてください。

別に、周りのスタッフに「マイナス言葉は良くないよ!」と説教しなくても
良いです。上記のように、マイナス言葉を元気が出る言葉に言い換えてあげて
みてほしいのです。

そして、それが定着してきたら、元気を奪うマイナス言葉をリストアップして
元気が出るプラス言葉に置き換えてみてください。

それだけで、いろんなことが変わってくるはずです。
先ずは、やってみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー2 
第2回テーマ 前職の私・スマイル会よしだ歯科を選んだ理由
大阪府 スマイル会よしだ歯科 チーフ 斎藤 藍 さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は衛生士学校を卒業後、
地元の滋賀県で4年間歯科医院勤務をしていました。

就職先を決める条件は新しくて綺麗、お給料が良い、
院長先生がやさしそう。そんな3条件で決めました。

面接に行くと話もほどほどに即採用!
歯科衛生士って就職に困らないって聞くけど本当だったんだな~
と思いながら家に帰ったのを覚えています。

働き始めてまずつまずいたのは人間関係でした。
主任は助手さんでしたが、その主任がものすごく気分屋で
自分の感情のままに仕事をされていました。

もちろん周りはみな気を遣い主任の顔色ばかりうかがって
毎日を過ごしていました。

主任の顔色をうかがっているのはスタッフだけでなく
院長までもがご機嫌をとっていて「こんなもんなのかなぁ・・・」
と疑問を感じながらも、女社会の歯科医院はそんなもんよ!
と周りから言われ、これが社会というものか、
と思い込むようになっていました。

歯科衛生士の先輩もおらず、歯周病学会認定医だった院長に
SRPなどの技術面は指導してもらいました。

学ぶことに必死だった1~2年間、
先輩に気を遣いながらもスキルアップしていくことが楽しかったです。

チェアー4台で1日来院患者様は130人という
あり得ないスピードでチェアーを回転させていました。

始めはこの回転の速さが充実感になっていました。
もちろん担当制ではなくカルテがまわってきた順に診察し、
スケーリングもドクターから指示されたタイミングで
近くにいる衛生士が行うという状態でした。

3年目に入った頃から院内を見渡せるようになってきて
少し疑問が出始めました。やはり担当でケアを診ていきたい、
患者さんのことを思うとこうやった方がいいのに、もっとこうすれば
スタッフのやりがいに繋がるのに・・・

そんな思いがどんどん強くなっていきました。

前医院は医院理念もなく、朝礼・終礼もない、
どこにも院長の想いを知る機会が無かったのです。

当然そんな職場で育つスタッフはモチベーションも低く、
休みを楽しみに仕事をこなす、与えられたことしかやらない、
そんな環境でした。

院長もスタッフに期待していないし
すべての受注なども自分でされていました。

信頼関係を作ろうという環境にもなかったと思います。
良く言えばとても「楽」な職場でした。

そんな時主任の妊娠がわかり結婚退職されることになりました。
3年目にして気づけば私が1番の勤務歴になり
自然と次の主任へとなりました。

主任といえどもこれという役割もなく名ばかり主任だったと思います。
自分がトップになったら絶対あんなことはしない!
と心に決めていたのは”気分屋にならない”ということでした。

そしてご機嫌を伺うような毎日ではなくみんな仲良く仕事がしたい
と思っていたので年齢、勤務歴などにとらわれない様に
話ができるような環境になるように気をつけました。

今思うとこの判断が間違っていたのかもしれません。
私は仲良しとチームワークを同じことだと思っていたのです。

仲良くなって団結力を上げて医院を変えていけば良い!
と思っていました。

当時のスタッフはとても気のやさしい人ばかりで
いがみ合いもなく恵まれているなぁと感じていました。

ただ、今まで何のプレッシャーもなく言われたことだけやってきた
環境だったので自らスタッフ主導で何かをするというのが
とても難しかったです。

そして仕事が増えることがみんなの反感をかうのではないか?
と不安もあり、中々自分の想いを言いだせずにいました。

まずは自分だけでも自ら行動してみようと
そのころから院長に進められたスキル以外の
いろんなセミナーへ行き始めました。

そしてたまたま行ったセミナーで衝撃の再会を果たしたのです。
それが今のよしだ歯科院長である吉田真一郎先生でした。

吉田先生は私が専門学校時代、実習先でもあったヨリタ歯科さんで
当時副院長をされていたので
学生時代からパワフルな先生だなぁと印象が強く、
その先生が開業された”よしだ歯科”もずっと気になる存在でした。

セミナーではよしだ歯科が海外医療ボランティアへ
参加されている話もありました。

その話を聞いて「私も行きたい!!」と思い、すぐに申込みをしました。
一気にモチベーションも上がりもっともっと勉強して
歯科衛生士を極めたい!と思うようにもなりました。

海外医療ボランティアへ参加が決まってからは吉田院長から
「院内で勉強会するから来ない?」
と声をかけてもらい滋賀から診療後に箕面市まで駆けつけました。

学ぶ環境がよしだ歯科にあるのが羨ましくて仕方なかったです。
「よしだ歯科はいいなぁ~」と吉田院長に漏らすと
「自分の医院でも斎藤さん主体で勉強会をやればいいんだよ!」
と言われました。そっか・・・。
自分からやってみればいいのか・・・。

医院に帰ってから院長に勇気を出して言ってみることにしました。

「院内で勉強会をやっていきませんか?」
院長から帰ってきた言葉は「面倒くさいな」でした。

この一言で心が折れてしまいました。
海外医療ボランティアも報告した反応は
「ふーん」のみだったのもあり、何でこんなにやる気が無いんだ?!
と帰り道、悔しくて毎日涙が出るようになりました。

新しく取り組みを提案しても面倒くさいと却下される
そんな毎日を過ごすうちにもっとみんなが学ぶ環境に
自分をおきたいと思うようになりました。

海外医療ボランティアから帰ってきたら
本格的に転職を探そうと思っていたら、出発前日に吉田先生から
「いよいよ明日から出発ですね!頑張ってきてね!」とメールが届きました。

自分の医院のスタッフでもないのに覚えてくれていたんだ!
とものすごく嬉しかったです。
こんな院長のもとで仕事がしたいなぁと思い始め、
帰国後には頭の中はよしだ歯科で働きたい!
という思いが強くなっていきました。

そこから自問自答が始まりました。

今の職場はみんな仲良しで追われるような仕事もないし、
怒られることもない、お給料も毎年昇給額もとても良く、
誰に気兼ねすることもなく仕事ができる、
決して恵まれていないわけではなくむしろ恵まれている方かもしれない

新しい職場へ変わればまた一から人間関係も
構築していかなければならないし、大変なことも増えるだろう。

でも私はもっと頑張ってみたい!
医院が1つになって前進できる環境に飛び込みたい!
よしだ先生のような熱血な医院で仕事がしてみたい!

この葛藤を繰り返した末、後押しになったのは母の言葉でした。

「大阪に行っちゃうのは寂しいけど、
実家を出て引っ越しをしてまでよしだ先生の医院で働きたい
と思うなら頑張ってみたら?!
まだ23歳なんだしやるだけやってみたらいいんだよ!」

この一声で吉田先生へ電話をかけました。
直接就職希望を伝えたのです。
「吉田先生!私を雇って下さい!!!」
「・・・・・。」数秒無言の後に
「えーーー!!!!!!」とものすごく驚かれていました。

これが私のよしだ歯科人生の始まりです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
第48回 『この医院を辞めたら転職先はない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは
岩渕泉です。

年に何度か、新しいメンバーを迎え入れる為、私は面接を行います。
私達経営戦略の事務スタッフは、PCスキルのほか、
会社の仕事観に共感でき、
仕事で頑張った経験がある人を採用したいと思っております。

これは、弊社に限ったことではなく、
どこの会社、どこの医院だって望んでいることです。

弊社に入社希望の26歳の女性からこんな言葉が出てきました。

『今の会社が危ないと噂があるから』
『女性が活躍出来る環境ではないから』
『他の人を見て、プライベートの時間を削っても、
大した成果が出ていないから』
『今の会社は安定がないから』
『プライベートの時間を持てないから』

そんな彼女は、今の会社に1年勤務して、2回目の転職活動中です。

残念ながら、私は、彼女と一緒に仕事をしたいと思えませんでした。

確かに彼女の言っていることは事実かもしれません。
しかし、その仕事、会社を選んだのは、自分自身なのです。

その会社を選んだことは棚に上げ、
会社のせい、環境のせいにして、自分は悪くなく、
こうするしかないと勝手に決め、辞めていくのは、
多かれ少なかれ、採用に携わって下さった方、
教育係りを務めて下さった方の想いと労力を踏みにじり、
更に、会社の現状を悪化させていることに気づくべきです。

『就職した会社がなくなったら、転職先がないとしたら』

そんな後に引けない状況であれば、彼女は、

・もっと、必死になって、今の仕事をするのではないでしょうか。
・そして、後悔のないように、ベストを尽くすのではないでしょうか。
・もっと会社の発展のことを考え、行動が変わるのではないでしょうか。
・長く勤務するのではないでしょうか?

いつでも、自分以外のことに理由をつけて、
リセット出来るこの環境は、
私達をダメにしていると思います。

『だから女性はダメなんだ』と
世間から言われやすいのはこういうことではないでしょうか。

ハピ☆スタ!の読者の皆さんの中でも、今の仕事、環境で悩まれ、
転職をしたいと考えている人がいるかもしれません。

周りを変えることに労力を注ぐのではなく、
自分にできることに労力を注いでみてください。

今の現状のではなく、
理想の医院
理想の自分
を書き出してみるのです。
女性は、ここで、甘く設定してしまうことがあるので、
目標設定のセミナーに自己投資をして参加されるのも良いと思います。

そして、期限を決めます。
最低、3年です。

3年あったら、分からないことが分かるようになって、
ある程度の権限も出てきます。

期限を決めることで、体はキツくとも、
やりきった気持ちになります!

期限を決め、自分に焦点を当てることで、
出来ることが沢山みつかるはずです!

そして、やりきることが出来れば、やりきった気持ちになります。
そして、必ず成長しています。

是非、頑張ってみてください!
なんとなく20代を過ごすのではなく、
価値のある20代を過ごしてください!


———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第48号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————


携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
鳥居までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、鳥居までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る