メールマガジン

2011年5月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2011年5月配信 Vol.42-】

皆さん、こんにちは!

ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

5月の配信が遅くなりまして申し訳ございません。
先日は弊社主催の『新人スタッフ研修』が、東京、大阪、福岡
にて開催されました。

新しい読者も仲間入りしました。

そしてハピ☆スタ!ヒストリーは、新連載!

石川県金沢市開業にいざわ歯科・矯正歯科医院の受付・TC・チーフ
の杉本直子さんです。

杉本さんは、2009年歯科医院地域一番実践経営塾において、
ベストスタッフ賞を受賞された方です。

なぜ、杉本さんがベストスタッフ賞を受賞されたスタッフ様なのかは、
今月から始まる連載、そして、
ON・OFFもご覧になれば分かると思います!

⇒http://www.hapista.com/stories/st_ch02on.html

それでは「ハピ★スタ!通信」の第42号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。

メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」
第42回「勉強と規律の効果」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

2010年に開催されたサッカーワールドカップの優勝国をご存知ですか?

実は、これまで歴史あるサッカーワールドカップではたった6ヶ国しか
優勝したことがなかったのです。

それが今回、スペインが初めて優勝したのです。
では、どうしてスペインが強くなったのでしょうか?

それをあるTV番組で特集していました。
その秘訣こそ「育成」「規律」「勉強」なのです。

スペインのプロサッカーチームは非常に充実した下部組織を持っていて、
常に若手選手をチームが食費から勉強までトータルで面倒をみるのです。

その費用は1チーム年間6億円ぐらいかけているそうです。
凄いですよね。

しかも、それだけの費用をかけても、実際にプロになれるのはわずか5%
程度だというのです。

95%の選手はプロにもなれずに、終わってしまうのです。
しかし、だからこそ、育成機関が重要視しているのが「勉強」です。

いくらサッカーが上手くても、勉強ができない選手は上に上がれないそう
です。なぜならば、勉強ができないとサッカー選手としてプロになれな
かった時に、他に行く道がなく、非行に走る可能性があるからです。

また、勉強ができる選手のほうが判断力も優れていると考えているのです。
実際には育成機関であっても平日の練習時間は2時間ぐらいで、後は勉強
時間なのです。

そして、育成コーチが常に選手に言っているのは
「サッカーが上手くなるだけではダメだ!人として成長しなければならない」
なのです。

そして、チームは常に規律を重要視しています。
規律が守れない選手はチームプレーができないからです。


歯科医院の仕事も同じだと思うのです。
テクニカルスキルだけできればいいわけではありません。

人として成長しなければプロとして通用しないのです。
そして、人として成長する上でサッカー選手であっても勉強は欠かせない
のです。

確かに、勉強が好きでない人も多いと思います。
それはサッカー選手だって同じです。
しかし、勉強が自分の未来を切り開くとしたらどうでしょうか?

また、規律を守ることも重要です。
医院の中で規律は守られているでしょうか?
そもそも、あなたの医院に規律はあるでしょうか?

何でも好き勝手やっていい、何でも好き勝手言っていいというのは
規律がない状態です。

しっかりとした規律を医院にもたらすことは非常に重要なのです。
これまでハピスタを読まれてる皆さんであれば、医院の中に規律をつくり、
規律を守らせていく側にそろそろ足を踏み入れてもいいのではないで
しょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー 
第1回テーマ 『私の生い立ち』
にいざわ歯科・矯正歯科医院 受付・TC・チーフ 杉本直子さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさま、はじめまして。
石川県金沢市にあります
にいざわ歯科・矯正歯科医院 チーフの杉本 直子です。
受付・TCをさせていただいております。

にいざわ歯科医院で勤務させていただいた当初の私は、
ハピ☆スタ!どころか、衛生士でもない私が、
歯科の仕事にやりがいを感じることは無理だと思っていました。

そんな私に、院長先生はいろんな勉強をさせていただける機会を
沢山与えてくれました。

今ではチーフという立場で働かせていただけるようになりました。
本当に長い目で温かく見守っていただいたことに感謝しています。

今もなお、いろんな課題に直面し、チャレンジする日々ですが、
目標を達成する喜びを私は知ることができました。
それを楽しいと思えるようになりました。

今まで気づいてなかった仕事のやりがいを
感じることができるようになりました。

そう思えるまでのプロセスの中で、私はハピ☆スタ!
から沢山の気づきを得ました。

バックナンバーを何度も読み返し、自分の行動に落とし込み、
成長するためには何を実践するべきなのかを
ずっと参考にさせていただいていました。

今回、大好きなハピ☆スタ!の連載をさせていただけることになり
とても嬉しいです。

私自身のモチベーションアップにもつながっています。
私の連載を読んで、「私にもできる」「私だからできる」
と思える瞬間があったら幸いです。

一生懸命に書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。
 
私は立山連峰の剣岳のふもとにある富山県 上市町で生まれ育ちました。
両親、兄との4人家族。両親は共働きで、
父と母は同じ会社に勤めていました。

私は生まれてからすぐ、地元の保育園ではなく、
両親が勤める会社の保育園に通っていました。

6年保育でした。

毎朝、父と母のどちらかと一緒に通勤(通学)し、
夕方、ときには保育所で夕食を済ませ自宅へ帰る・・・
というように、働く両親の姿を毎日見ながら幼少時代を過ごしてきました。

地元の保育園に通っていなかった私は、小学校に入学した当初、
クラスに知らない子ばかりだったことに戸惑い、
寂しく感じたことをよく覚えています。

そんな感情とは裏腹に、私は学校が大好きでした。
新しく友達がどんどんできることがとってもうれしかったのです。

成績も運動神経もいわゆる普通。
音楽が大好きだった私の夢はピアノの先生になることでした。

両親は、私の意思で決めたことに、とことん協力してくれました。
習い事や、特に部活動は熱心に応援してくれました。

私の意思に反した行動(練習や部活動をさぼったり、
優先順位のつけ方がよくなかったり)をしたときは、強く叱られ、
私のとった行動に対しての考える時間を毎回与えてくれました。

目標は何なのか、何が大切なのか、
そのために自分はどんな行動をとらなければいけないのかを
自分で気づくために・・・両親のしつけでした。

私は働く両親の影響を受けて育ちました。

私が常に持っている仕事と家庭を両立させたいという想いは、
いつも仕事に一生懸命な両親の姿を幼い頃から
感じてきたからだと思っています。

父は仕事人間でとても忙しい人でしたが、
私はいわゆるお父さん子でした。

出張等で留守にする以外は
毎日コミュニケーションをとる時間をつくってくれました。

それが手紙という形のときもありました。

授業参観、懇談会、進路相談には、
ほとんど全て父が時間をつくってきてくれました。

当時は父親が学校の行事に参加するという家庭が少なかったので、
1番前に堂々と立っている父を恥ずかしいと思うこともありました。
が、スポーツマンの父と一緒に参加する親子運動会だけは、
必ず1番になれるので楽しみでした。
 
仕事で国内外問わず、いろんなところに飛び回っている
父の姿が大好きで、父から仕事の話を聞くことが楽しみでした。

学生時代に英語とパソコンは必ずマスターするように
アドバイスをくれたのも父でした。

これからはどんな職種だろうが、必ずできて当たり前になるから、
といつも話してくれました。

当時、父が仕事で英語をマスターするために努力している姿に
影響されたのか、私も英語を学びたいと思うようになりました。

学校が大好きだった私は、
その頃から英語の教員になりたいと思うようになりました。
そのために大学進学を決めました。

学生時代は、歯科医院へ就職するという選択肢すらなかった私ですが、
実は歯医者へはとてもお世話になっていました。
歯医者嫌いなのに、むし歯をつくってしまう・・・
学校検診の紙をもらうことが恐怖で苦痛でした。

私の進学した高校には歯科検診がありませんでした。
それだけでラッキーと思うくらい歯医者嫌いでした。
高校時代は一度も歯医者へ通院したことがありませんでした。

大学時代に、眠れないくらい歯が痛くなったことが何回かありました。
痛いあまりに治療を何度も中断し、また痛くなる・・・

そんな困った患者でした。
何度も衛生士さんにきつく注意されました。
怖かったです。毎回ものすごい恐怖を感じていました。

そんな私が、将来、歯科医院へ就職するなんて・・・
歯科の仕事が大好きになるなんて・・・
この当時は想像できるはずもありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
第42回 『エネルギーが高い人に巻かれよう!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
達成する人と達成しない人の違いは何なのかというと、
エネルギーの強さだと思います。

ほとんどの人も、それは知っています。
しかし、このように思い悩みます。

「自分が本当にエネルギーを注げるモノってなんだろう?」
そう思い悩んだ末に・・・

・時間だけが過ぎていってしまう
・間違った方向(例えば、恋愛だけや成果が出ない趣味)に走ってしまう

そんなことが多いように思います。
一番達成感を味わえる目の前の仕事に目を背けてしまったり、
転職で新しい環境を求める人が私の周りでも実際に多いのです。

でも、そんな気持ちも分かります。

目の前の仕事は、毎日やらなければいけないし、
継続が必要ですし、今の環境、人間関係、院長や後輩先輩、
患者様、自分自身の練習など、やるべきことが多すぎて、大変なんです。
できれば、そこまではしたくないのです。

ヘアメイクのように、短時間で、美しく華やかに、
新しい自分に変わりたいと思うかもしれません。
出来れば、一瞬にして変わりたい。
楽して変わりたい。嫌われることなく変わりたいですよね。

でも、それは叶うわけもなく、やっぱり仕事以外に目を向け、
自分探しと称した旅に出てしまうのです。

私もかつて、そんな一人でした。
自分で成し遂げたいものが何なのかも分からないでいました。

しかし、仕事は人生において、切っても切れないものです。
数年後、専業主婦になって、子育てをする目的は何でしょうか?

それは「子供を立派な社会人に育てること」ですよね。
そのためには、「仕事とは何なのか?」を伝えていかなければなりません。

そんなこといったって、ある日突然、
仕事にエネルギーが湧くわけではありません。

では、どうやって、エネルギーが湧かない仕事に
エネルギーを注いでいけば良いでしょうか?

それは、『エネルギーの強さに巻かれる』です!

私は、エネルギーの高い夫を持ったことで、
自分の環境を変え、
自分の考えを変え、
自分の行動を変える
ことが出来たのです。

完全に(エネルギーが高く)燃えている夫と一緒にいることで、
燃やしてもらったんです。

エネルギーが高い人の環境、考え、行動は、同じ人間とは思えず、
自分がいかに何も考えていないかを知ることが出来ます。

そして、エネルギーが高い人は、私が、無理、出来ない
と思っていることや、躊躇していることでも、
いとも簡単に解決してしまったり、問題を問題として捉えないのです。

ほぼ180度違うので、もとに戻そうと抵抗しても、
エネルギーが高く、自らが燃えている人には叶わないのです。

そして、私は、行動を共にすることにより、燃やしてもらい、
仕事が楽しくなり、達成感、充実感を得ることが出来、
自らが燃える人間になったのだと思うのです。

今のは、私の話です。

「私の周りには、そんなエネルギーの高い人はいない!」
という方もいると思います。

では、皆さんの医院で一番、医院をよくしたいと
本気で考えているエネルギーが高い人はどなたでしょうか?

多くの場合は院長先生だと思います。

残念ながら、院長以外を求めるのならば、
エネルギーの高い人をこのハピ☆スタ!ホームページ、
メルマガでみつけてみたり、セミナーに参加して知り合ったり、
本から得てみて下さい。

さぁ、今日から、エネルギーが高い人に巻かれよう!

———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第42号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————


携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る