メールマガジン

2010年6月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2010年6月配信 Vol.35-】

皆さん、こんにちは!

ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

6月の配信が遅くなって申し訳ございません。

梅雨真っ只中ですね。大雨で心配な地域の方もいらっしゃいます。

そんな中、ワールドカップ サッカー日本代表。
PK戦までもつれ込んで、惜しくもパラグアイに負けてしまいましたが、

選手たち、すごかったですよね!
最後の最後まで、攻めて、守って、走りぬいてた。
あんなに気持ちの入ったプレー、可能性を感じるプレーをみせてくれました。

私達は、ただ凄いと言って観ているだけでなく、
私達自身が、医院の代表となって、チームプレー、
可能性ある行動が必要だと思うんです。

皆さんは、何を感じましたか?


それでは、「ハピ★スタ!通信」の第35号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。


メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」第35回 
『仕事中は仕事のことだけを全力で考える』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

「仕事中は仕事のことだけを全力で考える」

こういうと、当たり前のように聞こえますが、実際には当たり前にではない
人が多いことに驚きます。

先日、テレビを見ていたら、乗馬のことが取り上げられていました。
そこに出ていた女性は会社員で、休日に乗馬をしているとのことでした。

それは別に、構わないと思います。
しかし、その女性はカメラに向かって、こう言ったのです。

「仕事中も乗馬のことばかり考えてしまいます。
 毎日、乗馬をしたいです」

私はこのような発言を聞くと、唖然としてしまいます。

「だったら、会社を辞めて、乗馬だけやれ!」こう思います。

「会社を辞めないんだったら、勤めてる以上、仕事中は仕事のことだけを
 考えろ!」

なぜ、誰も、こんな当たり前のことを突っ込まないのか、不思議でなりま
せん。

もし、自分がお客さんの立場だったら、そんな仕事中に乗馬のことばかり
考えてる人に自分の担当になってほしくないでしょうし、

もし、自分が経営者だったら、そんな仕事中に乗馬のことばかり考えてる
人にお給料を払うのは嫌だと思うのです。

そして、そういう人に限って、他のことを考えてるのでミスをしたり、
仕事が遅かったりして、残業して、残業代を支払わないといけなかったら
どう思うのでしょうか?


つまり、「自分さえよければいい」という考えに染まり切っているのです。
そして、そういう人が世の中に大量増殖しているのです。

しかし、それは当たり前でも何でもなく、あってはならないことなのは
明らかなのではないでしょうか。


この話が「乗馬」だと「私はそんなこと、考えない」と思う人も多いと
思います。しかし、これが乗馬意外だったら、どうでしょうか?
仕事中にそういうことを考えていませんか?

・彼氏と喧嘩したこと
・子供の体調が悪いこと
・今度、遊びに行く予定のこと
・自分の趣味のこと

仕事の時間は従業員は労働力を提供する義務があるのです。

もし、その義務をきちんと果たすことができないのであれば、
権利を主張する資格は一切ないと思うべきです。

もし、あなたが自分の権利が守られるべきだと思うのであれば、
自分の義務を先ず、果たすべきだという当たり前のことに戻ってほしい
のです。

今の世の中は権利ばかりを主張して、義務を果たさない人が大量増殖して
います。しかし、ハピスタを目指すあなたには絶対にそんな人になって
ほしくないのです。

また、そんな大人になって、そんなダメな子供を育ててほしくないのです。
あなたは、仕事中は仕事のことだけを全力で考えていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー 
第2回テーマ 『私が歯科衛生士になろうと思ったきっかけ』
医療法人 夢真会 せこ歯科クリニック マネージャー 大久保順子さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何に対してもこれと決めたらこれ!というところがあり、
小学校になっても、私の夢は変わらず保育士になる夢は不動でした。

理由は、大好きだったあの先生みたいになりたい。
小さい子が好きだから。
小さい頃にもう決めたから!

それだけです。

まだよく解らないこの年頃から、父の人生観を語られることが多く、
常に口癖のように『将来のビジョンを常に描いて、明確に何歳でこうなる!
その為には何歳までにこれをして、こうしないといけないということを
考えていかなあかん!お父さんはそうやってずっと目標を達成してきた。』

と受け流して聞いている私にしつこいほど同じ話をしていました。

その暗示がかかったのが中学1年の時でした。

将来、進路について考える機会を与えてもらう時間が多い中学だったせい
もありますが、この時期に本気で将来何になるか決めて、
その為にはどうしたらいいのか考えようと思いました。

ずっと持ち続けていた夢、保育士について考える中で、
ボランティア委員会に入ったことで私の不動だった夢が揺れ動きました。

老人ホームでお年寄りと関わる中で、介護福祉士という職業を知り、
おじいちゃんおばあちゃんっ子だった私は、介護福祉士になって
お年寄りの介護をさせてもらいながら、
これから先うちの祖父母の介護ができたら嬉しいだろうな…
と考えるようになりました。

少子化・高齢化が進むこれからの将来…
このフレーズを偉そうに学校の先生や親に言いながら、
迷いの中で介護福祉士の道を選ぼうと言い聞かせながら、
やはり幼心に長年持ち続けていた夢は大きく、
保育士になる夢も捨て切れませんでした。

そのタイミングで、また虫歯が痛み出し…
厳しい部活を無理矢理休ませてもらい渋々歯医者に行くことになりました…

もう、中学生ですがやはり歯医者が怖くて親に連れってて
と言ったもののかなり躊躇していました。

そんな中、あまりに私が嫌がるので父が周りからの情報を集めてくれ、
評判の良い小児歯科を探してくれたのです。

この年で小児歯科って…。感じでしたが、
何かその響きだけで安心したのをよく覚えています。

初めて行った一般歯科と小児歯科を掲げてみえるその歯医者の空間は、
今まで行っていた歯医者の雰囲気とは全く違い、
ご老人と子供が溢れ返る中、歯医者さんの看護婦さんらしき人が、
患者様の名前を呼び、患者様の待っているその席まで歩み寄り、

『お待たせしました。大丈夫だからね。』と満面の笑みで子供の手を引き、
『お待たせしました。ご案内しますね。』と労わりながら
ご老人の腰に手を回すそのナース服の人にとにかくなんかすごく素敵だな…
とものすごい衝撃を受け、実際自分の番になった時、
予約を取ったときに父が余計な情報を流したのか…
名前を呼び迎えに来てもらったその人にとても安心する笑顔で
『お待たせしました。歯医者さん嫌いなん?大丈夫。安心してね。』
と肩を抱かれ…治療自体は変わらず痛くて、
タービンの音もコントラの音も嫌でしたが、生まれて初めて、
怖くない、いっぱい話を聞いてくれる、
なぜか安心する歯医者での治療を受けたのです。

隣にずっと付いていてくれて、声をかけ続けて話を聞き続けてくれた
あの歯医者さんの看護婦さんあの人の効果だと思った私は、
帰り道興奮してその話を母に延々と話し続け、
帰ってから祖父母にも同じ話を延々とした記憶があります。

父にあの人の職業は何なんやろう?と聞いたら歯科助手と違うか?
と言われ、翌日学校で先生に私の気持ちを話しました。

『これから少子化で高齢化社会になる中で、
これからは介護職がすごく重要になると思って、
お年寄り好きやしお役に立ちたいから介護福祉士になりたいと思ったけど、
やっぱり保母さんの夢を捨て切れずにいたんですよ…
どっちにするか全然決められなくて…
でも、昨日歯医者に行って見つけたんですよ!ご老人との関わりが多くて、
子供とも携われる職業!歯医者の看護婦さんみたいな人!
あの職業は何っていうんですか?どうしたらなれますか?』と。

そこで初めて、先生に”歯科衛生士”という職種を教えてもらい、
お~なんかカッコええ響き~!と感激し、
一般歯科で小児歯科もしている歯医者を選べば私の両方の夢は叶うやん!

資格を身につけているといいと母によく言われていたし、
まさに私のなりたい職業見つけた!!!
よし歯科衛生士になろう!!!と夢が完全に変更した瞬間でした。

そこからは、父からの教えで人生のビジョンを描くようになりました。

まずは、歯科衛生士になる為にはどうすればいいのか…

高校は普通科でも良く、専門学校か短大に行って、
国家試験を受ける…どこに専門学校はあるんやろう…と知りたくなって、
それまで全く興味も無くそのような話したことも無かったのですが、
そう考えている時期にいとこのお姉ちゃんが歯科技工士の専門学校生で
一人暮らしをしていることを初めて知り、一人暮らしの家に押しかけて、
歯科衛生士の専門学校について聞きに行きました。

『お姉ちゃんの通う専門学校は技工士科と衛生士科があるから、
高校卒業したら私の行ってる専門学校に行ったらいいやん。』

と色々教えてくれ、今思えば、スタモやクラウンやデンチャーの
模型がいっぱい置いてある部屋で初めて見る色々な物に
すごく興味津々で話を聞いていました。

これで、私の歯科衛生士になるという夢は明確化し、
中学2年の時の夏休みの宿題にあった職業レポートで、迷わず、
私の夢の決断のきっかけになったあの小児歯科の歯科衛生士さんに
話を聞きに行きました。

そこで、初めて歯科衛生士の仕事内容の詳細を知り、
より興味がわき、絶対この仕事に就こうと改めて決心しました。

漠然と人生のビジョンも考え出し、
子供が好きなので早くお母さんになりたい!という結婚願望が強く、
早く若いうちに結婚したい。と思っていて、21歳で結婚する!
とも勝手に決めていました。

これは、母が21歳で結婚したからの影響が大きかったと思います。

両親からの影響がとても大きく、
将来のビジョンを自分なりに明確にした中学時代でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー2 
第3回テーマ 『退職願い』
あすなろ歯科 チーフ・DH 坂本央さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私には最初に大きな目標がありました。

それは・・・「3年たったら辞めよう」というものです。

歯科衛生士になりたくてなったわけではない。
もっと他に向いている職業があるかもしれないし・・・

石の上にも3年というのだからとにかく3年は働いて、
技術も3年働けば付くだろう。

そうしたら「転職!!!」
というのが私の最初の考えでした。

つらかった時期この「3年」というリミットを自分で作っていたからこそ
辞めなかったのだと感じます。

何が何でも3年。でも3年経ったらすっぱりと辞めよう。

先輩も後輩もどんどん辞めていきましたが、
自分で決めたことは貫き通そうと思っていました。

第2回のメルマガでものせていただいたように
地獄のようなあすなろ歯科は改革によってどんどん良くなりました。

そうなると仕事も楽しく、やりがいを感じだし、
「自分たちで医院を作っているんだ」という意識まで芽生えだしたのです。

ただ・・・
それに変わり、伴ってきたのが「責任感」です。

私が4年目の頃、先輩が寿退社しました。
そして私は一番古いスタッフになってしまいました。

今までにないプレッシャー。
「こうしなければならない」
「セミナーに行かなくちゃ」
「私がやらなければ」
どんどん自分で自分を追い詰めていきました。

すると院長ともうまくいかなくなりました。

あんなに楽しかったあすなろ歯科がとたんに辛い物になりました。
「3年経ったら辞めようってずっと思ってたんだった」
2007年2月、ついに私は院長に辞表を出したのです。

辞表は受理されました。

辞めることが決まっていても、次にすることは明確ではありません。

誰も知らないところに行って自分試しをしてみたいし・・・
有名なホテルで働いてみるのも良いし・・・
少しのんびりするのも良いなぁ~
いっそのこと結婚??

色々なビジョンは思い描きましたがどれもピンときませんでした。
そんなとき、最初に私を引き留めてくれた人がいました。
院長の奥様である千里さんです。

お休みの日にわざわざ電話をしてくれて、誘ってくれたのです。
「もしかして私が辞めることの話かな・・・」
なんとなく気づいてはいましたが、私は千里さんに会いに行きました。

「まなかはあすなろ歯科に必要なんだよ」
「辞めないでほしい」
千里さんは私をまっすぐ見てそう言ってくれたのです。

それからはスタッフも「辞めないで頑張ろう」などの声をかけてくれ、
その時の新人DHが、お食事会の際に両手を握りしめ、涙をぽろぽろ流し

「坂本さんがいないと働けない」
「坂本さんにいてほしい」
「これからも坂本さんと働きたい」
と言ってくれたりもしました。

「これだけあすなろ歯科のみんなに必要としてもらっているのに
なんで気づかなかったんだろう・・・」

仲間に引き留めてもらってとたんに見えだしたのが
「あすなろ歯科でのビジョン」でした。

やっぱり私はあすなろ歯科が好きなんだ!
院長もスタッフも大好きなのに、
あすなろ歯科で頑張らなかったら私はどこで頑張るんだろう!

まだまだやれることはあるじゃないか!!

その後院長と千里さんと話し合いを経て、
あすなろ歯科に残ることを決めました。

今思うと必要な出来事だったと思います。

一度は辞表まで出しましたが、これがあったからこそ
今乗り越えられることもあります。

これを読んでる皆様も、辞めたくなるときがいつかくるかもしれません。

でもちょっと頑張ってみてほしいのです。
私は今、8年目で見えてくるものがあります。

4年目のあの日、見えなかった事が今は見えるのです。

今の景色はきっと8年務めたからだと思います。

10年目には10年の、20年目には20年目の景色があるに違いありません。
今はそれが楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
  第35回 自己概念の高め方 前半
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは
岩渕泉です。

先日、ある歯科妻との話で、
『泉さんって、どうやって自己概念を上げているのですか?』

と質問を受けました。

そもそも『自己概念』とは、
・自分がどんな人間であるかということについていだいている考え
・自分の性格や能力、身体的特徴などに関する、比較的永続した自分の考え
・自己観察や周囲の人々のその人に対する言動や態度、
評価などを通して形成される。

など、色々書かれていました。

そもそも、自己概念が、低かった私ですが、
今は、自己概念が低いとは決して思っていません。
以前の私と比べると10倍は上がったと思っています。

以前は、自己概念が凄く高い人に出会うと、
『なんでこんなに自信に満ち溢れていて、自己概念が高いのだろう?』
(言葉は悪いですが、大した人じゃなさそうなのに)
と不思議に思っていました。

では、私は、どうやって、自己概念を高めることが出来たのでしょうか?

それには、3つあります。

それは、大きなチャレンジをして、結果をだしたこと。
そして、もう一つは、それを支えてくれたパートナー(夫)が、
私を否定しなかったこと。
最後に、私のチェレンジに共感して下さった方からの評価です。

チャレンジと言うのは、このメルマガでも、幾度もお伝えしていますが、
夫の独立です。

2年間、必死になって働いたことは、小さな間違いはあったものの、
目指すモノを手にすることが出来た私の成功体験です。

それに対して、サポートしてくれた夫は、決して私に対して、
注意はすることはあっても、自己否定することはなく、
褒めて、感謝してくれたのです。

更に、お客様からの評価は、更に、自己概念を高める栄養剤となりました。


いくら、どんなに成功体験を積んだとしても、自分にYESを出せないと、
自己概念は上がりません。
『比較的永続した自分の考え』と解説にもあるように、
低かった自己概念を破るのは、周囲の人の態度や評価は、
大きなものなのです。

だからこそ、お互い褒め合い、感謝して、お互いの自己概念を高める
組織である必要があるのです。
周りの人からの評価や結果などの栄養が必要不可欠なのです。

逆を言えば、こういった栄養を適度に吸収する事が出来たならば、
自己概念はすくすく成長します。

———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第35号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————

携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る