メールマガジン

2010年5月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2010年5月配信 Vol.34-】

皆さん、こんにちは!

ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

5月の配信が遅くなり、申し訳ございません。

実は先日、弊社の『歯科医院地域一番実践経営塾』に
NHK おはよう日本(全国放送)から取材依頼がありました。

歯科界の現状の一環として、この経営塾を取り上げて頂きました。

TVの取材協力は、初めての経験だったので、大変勉強になりました。
8分間と言えども、何十時間もの撮影時間を費やしているんです。
(カットが沢山あったので)

8分間の時間に、
多くの人の協力、多くの時間、エネルギー、そして情熱は
欠かせないことだと知り、私自身の時間の使い方を見直す
ことも出来ました。

さて、ハピ☆スタ!ヒストリー2は、先月に引き続き、
群馬県前橋市開業 あすなろ歯科のチーフ・DH坂本央(まなか)さんです。

そして、更に、ハピ☆スタ!ヒストリーが戻ってまいりました!

三重県多気郡開業の医療法人 夢真会 せこ歯科クリニック
マネージャー 大久保順子さんです。

大久保さんは、ハピ☆スタ!の感想とご自身の経験のメールを
送ってきて下さったことがきっかけで、今回、連載をお願いしました。

2児の母である大久保さんのON・OFFも是非、ご覧下さい。
きっと働くお母さんに、元気なエネルギーを与えて下さいます☆

⇒http://www.hapista.com/stories/st_dh06on.html


それでは、「ハピ★スタ!通信」の第34号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。


メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」第34回 
『住宅ローンを組んではいけない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

多くの女性はマイホームを欲しがります。
マイホームを購入する場合、ほとんどの方は住宅ローンを組みます。

しかし、ここに重要な事実があります。

住宅ローンとは、非常にリスクの高いものであるという事実です。
その事実をしっかりと理解しないで住宅ローンを組むのは危険だという
ことです。

では、何が危険なのかを解説していきましょう。

1.総返済額が借入額の1.5倍にもなる

もちろん、借入額や利率、返済期間によっても変わりますが、20年や
30年ローンを組むと、かなりの確率で総返済額が借りた額の1.5倍
位に膨れ上がってしまうのです。

3千万円を30年ローンで借りると、総返済額は4500万円にも
なってしまう可能性があるのです。

そんなに余計にお金を払うんだったら、他のことに使った方が良いのでは
ないかと考えてしまいます。


2.本当に返し続けられるのか!?

昔のように、終身雇用が当たり前の社会であれば、問題はないのかも
しれませんが、今のように、いつ、どの会社がどうなってしまうか、
全く分からないような状況で、これから先、30年間も安定的に返済
ができると考えるのは甘いと思います。

私の周りでも、以前は大手商社に勤めていたけど、会社を辞めて、国際
会計士の資格を取るために、勉強している人もいます。

また、東証一部上場企業に勤めていたにもかかわらず、退職し、現在は
弁護士を目指して勉強中という人もいます。

もし、彼らが30年ローンを組んでいたら、どうなっていたでしょうか?
家を売却して引っ越すか、会社を辞められずに嫌々、働いていたことに
なってしまいます。

これからの時代、どの会社が潰れるか分かりませんし、公務員などは
最も危ない時代になってきます。

そのような時代で、これから先、30年間も支払い続けないと、住居を
維持することができない契約をすることは相当なリスクではないでしょうか。


3.近所に何かあったら、どうするのか!?

以前に話題となった「引っ越しおばさん」のような人があなたの家の隣に
いるかもしれません。

もしかしたら、あなたの家の近くでヤンキーがたむろするかもしれません。

もっと現実的にいえば、ご近所の人と折り合いが合わないかもしれません。
ご近所づきあいが面倒臭いかもしれません。

しかし、家を買ってしまっていれば、どうすることもできません。
ですが、もし、借家だったら、単純に引っ越せばいいだけの問題です。


4.職場が変わったら、どうするのか!?

これからの時代、既に、終身雇用の時代は終わっています。
ということは、いくつもの職場で働くことになるということです。

しかも、これからの時代を考えれば、その人の能力がなければ、もはや、
どこにも必要とされなくなります。

つまり、あなたの旦那さんが「家が近くで就職先を探す」という家を
中心にした職場探しではやっていけないかもしれないということです。

自分がこれから先の人生で活かしていくことができる能力を身につけられる
職場を探さなければいけなくなることが出てくると思います。

その時に、家を買ってしまっていると、職場・職業の選択に大いに制約
されるということなのです。

では、家を売却するとなれば、大きく資産価値は下落しているでしょうし、
売却するのも大変だし、貸すのも同様に大変です。


以上のように、家を買うことには様々なリスクがあり、それらのリスクを
全て考慮したうえで、家を買うという決断をすることが大切だと思うの
です。

つまり、「家が欲しい」という感情的な理由だけで、感情に流されて家を
購入すると、後から後悔し、大きな問題を抱えることにもなりかねません。

感情ではなく、論理的に考えて、本当に家を買うべきなのか、借家にする
べきなのかをしっかりと検討することこそが大事なことなのではないで
しょうか。

当然、そのためには、今後の人生計画なども大事になってきます。
このような時に、これまで仕事で学んできた、目標・計画などが役に立つ
のです。

あなたは家を買いますか?
それとも、
借家にしますか?

大切なのは感情ではなく、論理的に考えることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー 
第1回テーマ 『私の幼い頃』
医療法人 夢真会 せこ歯科クリニック マネージャー 大久保順子さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様はじめまして。三重県多気郡多気町にあります 
医療法人 夢真会 せこ歯科クリニックで幹部として
マネージャーをさせて頂いております大久保順子と申します。

職種は歯科衛生士、クリニカルコーディネーターです。

毎日、2人の子供を育てながら楽しんでガッツリ仕事をしています。

スタッフや、初めてお会いした人はよくこう私に言われます。
『元からそんなプラス思考だったんですか?』
『始めから家庭と仕事の両立が出来ていたのですか?』
いえ、私の人生はせこ歯科クリニックに入ってから劇的に変わっていったのです。

私の人生を振り返る良い機会を頂くことができ心から感謝しています。
これから連載させて頂くにあたり、
何か一つでも感じていただけることがあれば・・・そう思っています。

楽しんで書かせていただきます♪よろしくお願い致します。

私は、幼い頃から人に影響されやすく、まず最初に大きくなったら何になりたい?
のモデルは、年中の頃の保育園の担任の先生でした。
大きくなったら保育園の先生になる!その時そう決めました。

元々、世話好きの性格で保育園の頃も年少さんのお世話をしたり、
日頃の遊びもおままごとがメインでいつもお母さん役をしていました。

先生や、お母さんといったものに妙に憧れを感じていた気がします。

両親共働きで、ほとんど祖父母に面倒を見てもらっていた私は、
保育園児の頃から私がしたい!といったことにダメとは言われず、
何でもさせてくれる祖母だったので、お料理を教えてもらったり、
裁縫を教えてもらったり、細々と細かいことをするのが大好きでした。

そして、細かいことをするのが好きからの発想なのか…
何がきっかけで始めたのかは記憶にありませんが、
祖父の歯磨きをしてあげるのが大好きで、
糸ようじも使いながら何十分も楽しんでブラッシングしていました。

別に、歯医者さんごっこをしていた訳でもなく、
祖父が『順子に磨いてもらうとすごく気持ち良くてスッキリするわ!』
と毎回喜んで言ってくれたことで、より調子に乗り楽しんでいた記憶があります。

今思えば、将来の根本がそこにあったのかもしれません。
そんな事をしながらも、歯に対する興味があった訳ではなく、
歯医者なんて場所はむしろ大嫌いな場所で、
歯が痛くてもよく我慢していたものでした。

しかしあまりに痛く切羽詰まって、歯医者の近くのケーキ屋さんの
ケーキを帰りに買ってあげるから…と父に釣られて渋々行っていました。

そして、行く度に診療室に入るのを拒み、中では大泣きをし…
先生も父も散々困らせていました。もう二度と来たくない!

頑張って歯磨きしよう…と毎回心に決め、ケーキを買って帰っていました。
小学生になり少し大きくなった頃、また歯医者に行かざるを得ない状況に何度も陥り、
暴れたり、泣いたりはさすがにしなくなっても、診療台に上がると右手で
左手の甲を真っ青になるまでつねって治療を受けていました…

もう虫歯になるからケーキはいらない。
と買わなくなったのはこの頃からだったと思います。

今でもあの恐ろしい空間の天井の模様や、
先生の怖い声のトーン・・・痛いと手を挙げているのに、
大丈夫!もうちょっとやから!そう強く言われる衛生士さん?
の顔が忘れられません・・・。

こんな幼少時代だったのです・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー2 
第2回テーマ 『医院改革』
あすなろ歯科 チーフ・DH 坂本央さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.院長が変わっていくにあたっての、坂本さん自身の変化を教えて下さい。

最初に院長と千里さんが「名前を呼んで挨拶」
をしてくれたことは今でもよく覚えています。

いつもどおり「行きたくないなー」と思いながら職場に着き
やる気なく「おはようございます」とあいさつをすると
受付にいた千里さんが後ろを振り向き硬い笑顔で「坂本さんおはようございます」
と言ってくれたんです。

その後院長からも「坂本さんおはようございます」と言ってもらいました。
「何を始めたんだろう・・・でもどうせ続かないに決まっている」
私は否定的に捉えていました。

その日を境に、診療中もお二人から「ありがとう」
と言ってもらえるようになりました。

名前を呼んで挨拶とありがとう運動を始めた日、
スタッフルームではその話題で持ちきり・・・

「今更何かしたって何も変わらない」
「今までどのくらい私達が辛い思いをしてきたと思っているんだろう」
「気持ち悪いよねー」
という言葉がどんどん出てきました。

その後3週間ほど経ち、「100%聴く面談」を院長が行ってくれました。

一人、また一人と面談を行っていくにつれ私の中で
「院長が本当に変わりたいと思ってくれているのかもしれない」
「院長が本気なら、私も本気で伝えよう」
「これであすなろ歯科が良くなるなら、私も変わりたい!!」
と強く気持ちが変化していきました。

院長の本気が伝わっってきた瞬間だったと思います。

私はこのことを通じ、「人は本気に触れると変わる」
ということを勉強しました。
私はこの面談で一つスイッチが入ったと今では思います。

それからは先輩たちとも
「あすなろ歯科を良くしていくために必要なことは何か」
などを話し合うようになりました。

セミナーにも積極的に参加しました。
本も読むようになりました。

医院の取組が変わっていくにあたっての戸惑い・成長
私に戸惑いはほとんどありませんでした。

いくら仕事が増えても、セミナーに参加するようになっても
あすなろ歯科が良い方向に進んでいるということが
リアルに感じられていたからです。

目に見えて良くなっていっている中で、
仕事はどんどん楽しくなり

「仕事が楽しいだけで人生ってこんなにも楽しいものなんだ!!」
ということに気づきました。

院長とも色々話すようになり、
千里さんに相談に乗ってもらったり・・・

患者様ともきちんと向き合えるようになったと感じたのはこの時からです。

ただ・・・

改革を始めたことであまりモチベーションの高くなかったスタッフ(?)
は退職していきました。

一人、また一人と退職していく中で
「なぜ今辞めるのか?」ということが分からず、
その時辞めていく人たちに対して「責める気持ち」
を持っていたように感じます。

辞めるスタッフが一通り辞めた後の成長は著しかったように感じます。

みんなで協力し合って、みんなが一生懸命でした。
あたかも生き残った戦友のように・・・

「あすなろ歯科を良くしたい」この想いで繋がっていったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
  第34回 夫婦で仕事をするのは大変では?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは
岩渕泉です。

私がよく質問されることに、

『夫婦で仕事をするのは大変では?』とか、
『会社でも家でも一緒だと、煮詰まったりしませんか?』
と聞かれることがよくあります。

そもそも、ずっとは一緒にいたくないと思うような人とは結婚していません。

二人が一緒にいたいから結婚したはずです。

子どもの面倒を見て欲しい
家事を手伝って欲しい
休みの日は一緒に過ごしたい

などの希望はあるにも関わらず、それが、仕事になると、苦痛を感じるのは、
自分(妻)だけの意見が強すぎると、私は思ってしまいます。

子どもの面倒を見てくれて、家事を手伝ってくれて、
休みの日は一緒に過ごせる夫は、
私から言わせてしまえば・・・大した夫ではない。

勿論、私もすべて自分でやっている訳ではありません。
サポートして欲しい時は、他の手を探します。
その為の理解は求めます。

私達夫婦もかつては、別々の職業でお互い仕事をしている時期はありましたが、
お互いの仕事を理解出来ないで、労い不足になりがちになりになったり、
仕事時間や休みがバラバラなので、どちらかに負担がかかり、
むしろ、そちらの方が大変でした。

今は、夫の状況が把握出来るので、サポートが必要なタイミングは分かる。
仕事の改善点も、いつでも、どこでも話せる。
一緒に高め合えたことを喜び合える。
即時処理、決定が出来る(仕事においても、家庭のことにおいても)

仕事とプライベートを別々にしなくても、ストレスを感じることがないのです。
仕事ですごく気になっていることがあるのに
『プライベートな時間だから・・・』
と無理して話さないのは、かえってストレスになります。

いつでも、どこでも話合えるのは、幸せなことです。

それを苦痛に思ってしまうのは、当事者意識が欠けていて、
『なぜ、私がこんなことを考えないといけないのか』
『なぜ、ここまでしなければならないのか』
と、夫のせいにしてしてしまっているからなのではないでしょうか?

子育ても二人のことですが、経営者の妻は、
医院(会社)も二人にとって大切なことです。

そうは言っても、私もはじめは、
仕事とプライベートを分けたいと思っていました。

しかし、3年間、お互いがなりたい会社(医院)の理想の姿を明確にし、
仕事とプライベートの概念を捨て向き合うことが出来れば、
大変が大変と感じなくなってきたのです。

学生から、社会人になるのと同じです。
最初は、慣れないけど、向き合うことで、慣れてきて、楽しさ、
喜びが生まれてきます。

それが、私達の伝える、夫婦成功の第一歩です。

———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第34号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————

携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る