メールマガジン

2010年4月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2010年4月配信 Vol.33-】

皆さん、こんにちは!

ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

4月は、驚く程、寒い日が続きましたね。
皆さん、体調など崩されていませんか?

5月は、G・Wですね。
遊びたい!のんびりしたい!だけではなく、
仕事で輝く準備をする大切な時間でもあります。

『無計画は、失敗を計画する!』

計画的に素敵なG・Wをお過ごし下さい。

ハピ☆スタ!ヒストリー2は、新連載です!
群馬県前橋市開業 あすなろ歯科のチーフ・DH 坂本央(まなか)さんです。

坂本さんの笑顔は、本当に素敵です。
内面のポジティブが外見に現れています。

人生のプラスになる習慣をどんどん取り入れ、
輝き続けている方です。

そんな、坂本さんさんのハピ☆スタ!ON・OFFはこちらです。
是非、ご覧下さい!

⇒http://www.hapista.com/stories/st_dh05on.html


それでは、「ハピ★スタ!通信」の第33号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。


メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」第33回 
『結果を出す簡単な方法』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

あなたは思うような結果が出ずに、ストレスをためたり、嫌になったり、
投げ出したり、したことはありませんか?

私はもちろん、あります。
誰にでも、あると思います。

しかし、そのような場合、ほとんどの人は思うような結果が出ないことに
イライラしたりするのです。

しかし、大切なのは結果に一喜一憂しないことなのです。
結果よりも大切なのはプロセスです。

プロセスとはどのようなことでしょうか?

それは・・・

結果を出すために必要な行動をどれだけ取れているかということです。

結果を出すために必要な行動を継続できているのであれば、問題は
ないのです。


しかし、問題なのは結果ばかりを見て、結果を出すために必要な行動を
していないことがほとんどだということです。

例えば、アシストについてもミスをしてします。
ミスをしてしまったことで落ち込んで、ミスをして怒られたことに落ち込む。

これには何の意味もありません。
そのミスが起きた原因をきちんと究明し、どうしたらそういうミスが二度と
起きないかを考え、そのために必要な取り組みを考えて、実行する。

このことにしか意味はないのです。

しかし、ミスをしても勉強も、練習もすることなく、また同じようなミスを
繰り返す。それではいつまでたっても、同じことの繰り返しです。


しかし、そのような勉強や練習は1度やったぐらいでは身に付きません。
全ての技術はそういうものです。

何回も、同じことを繰り返す中で技術とは身についていくものなのです。
しかし、そのような勉強や練習をする人が驚くほど、少ないのです。
そして、同じミスをして、同じように落ち込み、自分はダメだと思う。

全く意味がありません。


ここで、あなたにとっておきの簡単で、お金が全くかからない方法を
お教えしましょう。

それは・・・

Step1.
あなたが望む結果を出すために、あなたが必要だと思う行動を決めてください。

Step2.
その行動をした日は手帳に○をつけてください。
その行動をできなかったときには×をつけてください。

Step3.
手帳を毎日、見てください。
必要な行動が取れているのかどうかを自分自身で確認し、行動できてなければ
行動するようにしてください。

行動できているのであれば、結果を出すために必要な行動を取れている自分を
褒めてあげてください。

大切なのは結果にいちいち、一喜一憂するのではなく、結果を出すために必要
な行動をどれだけ取れているのかを自分で確認するということです。

そして、必要な行動の量を増やすことが大切なのです。
必要な行動の量が増えて行けば、自然と結果がついてきます。

もし、結果がついてこないのであれば、それは自分が考えた「結果を出すため
に必要な行動」が間違っていたということになります。

ということは、その場合には行動を変える必要があるわけです。
そのようにして、自分自身で試行錯誤することを通して、自分自身の考える力
も養われて行くのです。

このように簡単で、全くお金もかからない方法で、あなたの得たい結果を得て
みませんか?

ちなみに、この方法は仕事だけでなく、ダイエットなどにも全て応用可能です。
私自身が実証しているので、間違いありません。日記が書けない人でも大丈夫。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタヒストリー2 
第1回テーマ 『衛生士になろう!と思ったきっかけ』
あすなろ歯科 チーフ・DH 坂本央(まなか)さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今このハピ☆スタを読んでいる方たちより
私はずっと何も考えていなかったと思います。

・白衣が着たかった
(ピンクの白衣に憧れていました!!)

・資格が欲しかった
(3年位したら結婚して、子育て後も復帰出来る方がいいかなーって)

・医療職にかっこいいイメージを持っていた
(出来る女・出来る大人。)

・ラクそうなイメージがあった
(休みが多くて、簡単な仕事。しかも合コンとかで
「歯医者で働いている」ってうけが良さそう)

この4つを踏まえたうえで高校生の時担任の先生に相談すると
「あんたの今の頭なら衛生士学校に入れるんじゃない?」

という言葉を聞いて、「歯科衛生士」という職種を初めて知りました。

友達と一緒に専門学校へ見学に行き、友達が受けるといったので
「じゃぁ私も」と受験することを決めました。

とにかく遊ぶことばかり考えていましたので、
早く決めて早く遊べる時間が欲しかったですし、
自分にはなんでも出来るという「根拠のない自信」があり、
だったら何でもいいやーと軽く考えていました。

・あすなろ歯科を選んだ理由

私が行っている衛生士校は実習先に「いさはい歯科」さんがありました。
そこで院長とは運命的?必然的?な出会いを果たします。

20歳の夏でした。

いさはい歯科さんでは勤務医をしていた院長。
院長のアシスタントには何回か付かせていただいていました。

実習生からも人気のある先生でした。

その中でも私は院長にお願いされた印象が取れなかったり、
受け渡しのさいに注意されたりしていたことを覚えています。

実習も終えてしばらく経った頃、自宅に一本の電話がかかってきます。

「うちで働かない?」

夢に見た「ヘッドハンティング?」それとも「スカウト?」

実習中は注意されていたのに、なぜ私に??と疑問もありましたが、
すごく認めてもらえたような気がして嬉しかったのを覚えています。

その後、まだ開業前のあすなろ歯科へ行き、院長と千里さんと話しました。

そのときに
・担当制であること
・歯周病治療に力を入れたいこと
などを聞きました。

ほとんど悩むことはありませんでした。

あすなろ歯科で働こう。

2002年12月20日。私はあすなろ歯科で働くことを決め院長に
「OK」の電話をしました。

・医院改革前の坂本さんからみた医院の状態

とにかく地獄のようでした。
「働くってこんなに辛いんだ、
なんでこんな想いをして働かないといけないんだろう・・・」

毎日毎日、スタッフの誰かが泣いて、誰かが不調を訴えて、
新しく入った方がすぐに辞めてしまう。

患者様の顔色を伺うのではなく、
院長の顔色を見て仕事をしていました。

院長と千里さんは毎日のように喧嘩をし、
院長は患者様にも怒鳴り、それで患者様が来てくれなくなると
「スタッフのフォローが出来ていないから」と責められ・・・

何もなくても帰りの車で涙が出てきたり、
トイレに駆け込んで泣いたりしました。

いつスタッフ全員ボイコット(クーデター)が
起こってもおかしくなかったと思います。

毎日が辛くても患者様の前では頑張って笑い、
説明はきちんとする。

なぜなら院長に怒られないため。千里さんに怒られないため。

帰り際「ダメだったところ」を発表されたくないためです。

こんな心理状態なので、体も弱り入院もしました。
胃潰瘍になった先輩もいました。

スタッフは全員院長とは全くコミュニケーションを取りませんでした。
千里さんに話したことは全て院長に伝わると、信頼していませんでした。

私の心に余裕はなかったですが、
おそらく誰の心にも余裕はなかったと思います。


・医院改革前の坂本さんの状態(モチベーション)

毎日が苦痛で、本当に嫌なことがあると
大好きな遊びも全く楽しくありませんでした。

仕事のない日も「明日は仕事だー」と思うと本当に憂鬱でした。

出勤前が一番辛かったです。
車に乗るのは良いのですが行きたくなくてエンジンがかけられません。

私はそういうとき先輩に必ず電話をしました
「行きたくない・・・」
私がそういうと
「私も行きたくないけど、行くから来て・・・」
と先輩。

少し話して私はエンジンをかけ、あすなろ歯科に向かっていました。

仕事が始まると毎日週末までのカウントダウンです。

後○日で休み・・・
休みは何をしよう。
~に行きたいな・・・
○○と会いたいな・・・
そんなことばかり考えていました。

それでも患者様とは向き合って仕事をしたい。
これは就職する前も、今も変わらず大切にしていることです。


プライベートでも、当時付き合っていた彼に
ひどくあたったことを覚えています。

彼の仕事は楽しそうで、
「そんな楽しい仕事なんて、真面目にやっていないに違いない」
と思い、随分責めました。

働くことは辛いことだと思い込んでおり、
当時の彼を認めてあげることが出来ませんでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
  第33回 感情と論理的思考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、私は、感情的になっているYさん(女性)と、話をしました。

私は、感情には、感情で反応してしまい、感情に流されやすいのと、
その感情がおかしいと思っても、それを論理で
『おかしい』と伝えることが出来ませんが、

夫は、感情に流されず、客観的事実を確認し、その感情を理論的に解き、
その感情がおかしい理由を説いていきます。

感情的になっている女性のYさんといえば、
論理的に伝えることがまったく出来ないのです。

論理と感情の違いを強く感じました。

女性の感覚には、鋭いものがありますが、女性で、仕事が出来るな、
と思う方は、論理的思考を持ち合わせているように思います。


なので、少しでも女性が、論理的思考を加えたら、パートナーに話す時、
スタッフ指導時、歯科医院であれば、院長と話しをする時、
男性患者様に伝えることにおいて、自分の幅がぐっと広がると思います。

感情が優先されると、仕事も出来るようにならないし、
リーダーとしても不十分です。

なぜなら、論理よりも感情が優先されてしまうから、
いざという時に感情が勝ってしまうからです。


今回の一件で、論理的思考が強い、夫の行動を改めて探ってみました。

その一つに、

政治や経済、社会や文化などの問題を掘り下げたり、
解説したりする番組を見ていることです。

私も一緒に観たりしていますが、なるほど~と、
ただ、鵜呑みにしたり、
知識として頭に入れておくだけだったり、
凄いな~と感じる程度の私に比べ、

夫は、一つの問題に対して色々な見方、考え方があることことを知り、
必ず自分の考えを述べるのです。
自分で考えたことを伝えるのです。

更には、

物事を分析して、そこに何らかのルールやパターンがないか調べてみたり、
同じ状況で、自分なら、どう考え、どう行動するか考え、
当たり前だと思わず、『なぜだろう?』と考え、調べてみるのです。

これが、私と夫の大きな違いなのだと思いました。


感覚的な人間は、政治や経済、社会や文化番組をみることもなく、
娯楽番組やドラマしか見ないで、考える行動自体をしていません。
これでは、論理以前に、考える力も身に付きません。

考える訓練をしていないので『考えられない』のです。
だから、伝えられないのです。

感覚的な人ほど、考えることから目を背けているように思います。

まずは、岩渕龍正オススメの、『情熱大陸』『プロフェッショナル』
を観ることからスタートしてみましょう。


———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第33号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————


携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る