メールマガジン

2009年9月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2009年9月配信 Vol.27-】

皆さん、こんにちは!

ハッピーデンタルスタッフプロジェクト編集長の岩渕泉です。

8月は、配信出来ずに申し訳ございせん。

来週から、東京・大阪にて、3回シリーズの
スーパーTC育成塾を開催します。

既に大阪会場は、100名の定員でしたが、既に定員に達し、
キャンセル待ち状態になってしまいましたので、
定員を120名に変更しました。

ハピ☆スタ!の皆さんの中にも、TCを目指されている方も多いと思います。
また、既にTCを担当しているけれども、
具体的にどのようにして良いのか分からないと、
悩まれている方もいらっしゃることと思います。

このセミナーは、3回のセミナー参加、宿題を通して、
トレーニング重ね、TCとしての筋肉を付けて頂きます。

3ヶ月精一杯頑張り、スーパーTCとして成長した自分に出会って下さい。

残席は、残りわずかなので、お申し込みはお早めに。

歯科医院スーパーTC育成塾の詳しいご案内・お申し込みはこちらから⇒

http://www.consuldent.jp/seminor/tcikusei.html

それでは、「ハピ★スタ!通信」の第27号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。

今月からハピ☆スタ!ヒストリー2は、

兵庫県明石市西明石開業、ゆたに歯科クリニックの森本久美子さんです。
現在、弊社主催の歯科医院地域一番実践経営塾ベーシックコース大阪会場で、
10人いるチームリーダーのお一人です。

小さな体で懸命に、医院(院長、メンバー)の為、
患者様のため、自分のために、頑張られています。
一つ一つの人生の課題に、懸命にチャレンジをし続ける
森本さんのハピ☆スタ!ON・OFFはこちらです。
是非、ご覧下さい!

⇒http://www.hapista.com/stories/st_rc04on.html


メルマガの最後に、ウィークリーまぐまぐとウィークリーミニまぐの
解除方法を載せてあります。ハピ★スタ!通信を登録したら、
希望していないメルマガまで届くようになり、その分は解除したい
とお困りの方は、ご覧下さい。

楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休みに読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」
第27回 「問題と解決策はセットで」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!
地域一番化マスターの岩渕龍正です。

前回、お伝えした「ほめられノート」はつけていますか?
既に多くの女性スタッフが取組んでる方法ですので、まだつけてない方は、
ぜひ、つけてみて下さいね。

今回は「問題と解決策はセットで伝える必要性」について、お話しをします。

医院で仕事をしていると、色々な問題が起きます。
それはあなたが担当している業務についても、その他についても、様々な問題
が日々の業務の中で起きているのです。

院長はその問題に対して、対処していかなければいけません。
院長は医院の中で起こる多くの問題をどのように解決するかを考えているのです。

ですから、あなたが院長に伝えている問題も軽視してるわけではないのですが、
忘れてしまったり、もっと緊急度の高い問題を優先していることもあります。

ですから、院長に
「先生、●●という問題が起きています」
「先生、●●の問題が起きてるのでなんとかしてください」
「先生、待ち時間が長いので患者さんが怒ってます。何とかしてください」
と言っても、対応ができないことが多々あるのです。

そのような院長に対して、
「何回言っても、分ってくれない」
「先生は私達のことを考えてくれてない」
と思うのは待って下さい。


実は人といのはそのような問題を提示されても、その「問題がどうしたら解決
されるのか」という具体的な解決策を示されないと、その問題に対して、
「自分には関係ない」「大丈夫だろう」「何とかなるだろう」とその問題に
向き合おうとしないのです。

これまで、千人以上の女性スタッフのお話を聞いてきた中で感じることは
スタッフの皆さんは問題は指摘するのですが、それをどうしたら解決できる
のかということはほとんど考えてないのです。

問題だけを言うのであれば、誰でもできるのです。
それを具体的にどうしたら解決できるかを考えることもあなたの役割、仕事
だと考えてほしいのです。

問題を指摘するだけで良いのであれば、これほど楽なことはありません。
しかし、それでは何も良くならないのではないでしょうか。

今、あなたの前にある問題はあなた自身を成長させてくれるために起きて
いるのです。その問題の解決策を考え、実際に解決することを通して、あなた
は本当の仕事の楽しさを味わえるのです。

問題のない人生がないように、問題のない組織はありません。
その問題を指摘して、問題があること、問題が解決されないことを大騒ぎする
のではなく、その問題がどうしたら解決されるのかを真剣に考え、その解決策
を院長に提案してみてはいかがでしょうか?

その解決策も院長が受け入れられる解決策を考えてみましょう。

例えば、あなたがダイエットしたいとしましょう。
友達から
「そんなもん、食べなければやせるよ」
と言われたら、どうでしょうか?

もしかしたら、やせるかもしれません。
しかし、同時に体長も崩してしまうでしょう。

解決策というのは実際に実行できなければ意味がないのです。
院長が受け入れられる解決策は何か?

経営者としてみれば、あまりお金をかけずに解決できる方が望ましいですね。
お金がかかる場合はいくらぐらいかかるのか?それは医院で出せるお金なのか?
その費用対効果はどれくらいあるのか?

そういうことまで考える必要があります。
あなただって、何かを買う時にはそのように考えますよね?
それは歯科医院でも同じなのです。別にケチな訳ではないのです。当たり前です。

最初に考えるべきはお金をかけたり、人を増やすのではなく、自分たちでできる
解決策を考えることです。きっと、もっとやり方を改善したり、新しい取組みを
することで解決できる問題はたくさん、あるはずです。

いや、あなたが本当に解決したいと思うのであれば、ほぼ全ての問題が自分たち
の努力で解決するはずなのです。

そして、そのような姿勢を見た院長は

「これだけスタッフが頑張ってくれているのであれば、これぐらいの費用を
かけてもしっかりと、その意味を理解して無駄にしないだろうな」

と確信し、必要な投資をしてくれるのだと思います。


これからは単に問題を指摘するのではなく、その問題がどうやったら解決される
のかを考え、問題点を伝える時には解決策を一緒に院長に提示するようにしま
しょう。

単に問題を指摘するのは太ってる人に「デブ」って言ったり、

「どうして太ってるんですか!?」
「やせる気がないんじゃないの?」

と言うのとほとんど変わらないぐらい、人を傷つける行為だということを
理解してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタヒストリー2 
第一回テーマ 恋愛体質
ゆたに歯科クリニック 森本久美子さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今でこそ仕事が大好きですが、数年前まで私は超が付くほどの恋愛依存でした。
私の恋愛体質は幼稚園の頃からだったように思います。
(初恋が幼稚園というおませな女の子でした)

恋愛をする事はすごく自分にとってある意味【自分らしさ】
とまで思っていましたが、
高校卒業してすぐに働き始めたケーキ屋さん
(激務の時代…月300時間働いた時)の時は仕事がすごく楽しかったのと
恋愛をしている暇がなかったですので仕事一直線でやっていました。

体を壊し、転職を繰り返すうちに、女性が多い職場もあるかもしれませんが
お客様にもっと喜んで頂けるような取り組みをしたいけれどそんな事を
提案すれば職場のみんなから『また仕事増やすような事を言う子』
としてかなりいじめられました。

そんな事が何度かあり、あんなに仕事が楽しかったのに
仲間の顔色を伺いながら働いている事に疑問を感じました。

『私は何の為に働くんだろう…』とわからなくなってしまいました。

いつからか仕事ってそんなもんかもしれない!!
と私は考えるようになり、
そこからは恋愛に対して彼に依存していく状態でした。

仕事の楽しさや働く意味がわからないので、
恋愛にしか楽しさを見出す事が出来なかったのです。

そんな私は、彼に会いに行く為の資金を稼ぐ為に働く!
仕事が楽しくなくても彼氏に会う為に仕事頑張る!!
という感じでした。

そんな私でしたから趣味も無く彼氏に依存しまくりでした。

もう彼といる時間だけが私の全てでした。

千葉と兵庫での遠距離恋愛をしていたのですが、
彼がいる千葉に行く為に毎月の給料を交通費にあてていました。

そんな私と、彼は小さい頃からの幼馴染です。
彼は野球が好きで小・中・高・大学とずーっと野球を中心に頑張っていました。

高校と大学は野球が強いところへ入り毎日汗を流し野球を頑張っていました。
そしてそんな彼はボランティアにもすごく興味があり
青年海外協力隊として短期間ですが数カ国、ボランティアにも行っていました。

そんな彼がキラキラ輝いて見えて私はまた彼に依存していきます。

そんな二人が上手くいくはずもありません。
彼は野球にボランティアに学校に忙しくしているのに私は

『何で連絡くれへんの?野球と私とどっちが大事なん?』
とか言うようになっていきました。

そんな私を見て彼は映画を見ても見終わった後に必ず
『この映画は何を伝えようとしていたと思う?』
と必ず私に質問します。

何事にもただ単に見たり感じるのではなく考えてそこから
何を得るのかを私に伝えたかったのだと思いますし、
何度か私に『お前も夢とか見つけたらもっと楽しいと思うで?』
『何かやりたい事とかないの?』
『趣味を見つけてみよ!!』
と私に色んな事を伝えてくれていました。
(今だから分かります。彼は私の事を考えて気付きをくれていた事を)

でも私はそんな事を言ってくれる彼に対して
『何でそんな事言いだしたん?私にとってあなたと会う事が
1番の楽しみやのに。。。嫌いになったん・・・?』
と受け取ってしまったのです。

それぐらいから夢に向かって輝いて行く彼と、
彼に依存している私の間に溝が出来てきてしまいました。

そしてそんなお付き合いも1年が過ぎ・・・彼から言われました。

『俺はもっとたくさんの人を幸せにしたいから別れてくれ!!!』と。

そして彼は今日本を離れインドネシアでボランティア活動をしながら
野球の素晴らしさをみんなに伝える活動を行っています。

私はというと、大好きな彼を失い、
夢も希望も何もなくただからっぽになってしまいました。

それからしばらく時がたち、
その時に出逢った彼が私に1冊の本を貸してくれました。

宇宙を貫く『ありがとう』の法則という本です。
マイナス思考の私を見て
『お前は本当は素晴らしいものをもっていると思う。
もっと自分に自信もってほしい』とその本を貸してくれました。
自己啓発本です。

現在ある言葉の中で、最高の影響力を持った言葉は
「ありがとう」の五文字。
 ここに、どのような時も
「ありがとう、ありがとう、ありがとう」と繰り返し、
繰り返し唱えている人がいるとします。

するとその人は、言葉の波動を受けて
体内の水や血液が再生し健康体になります。

精神も豊かになり、人間関係も円滑になってきます。
そして、「ありがとう」の数がある一定の数を超えた場合、
奇跡としか言いようのない現象となって、その人に降り注ぎます。

「ありがとう」を宇宙に発し続けていれば、
「ありがとう」と言わざるを得ない現象を次々に招き寄せてくれるのです。

そんな内容の本でした。

私はこの本を読んだとき体に衝撃が走った事を思い出します。
『たったそんな事で幸せになれるの?』と思い即実行してみました。

まず、そんな本を貸してくれた彼に『ありがとう』
コンビニの店員さんに『ありがとう』そうすると言われる方も、
言う方も幸せな気持ちになれることを知りました。

その本を読む事がきっかけで私は色んな自己啓発本を読むようになりました。
すごく大きな事をやりとげよう!!というような内容ではないので
すごく読みやすかったのもありますし
本に書かれている内容を実行すれば必ず幸せな気持ちになれたからです。

ゆたに歯科と出会ったのはそのすぐ後でした。

私は院長に面接で『あなたは最近どんな本を読みましたか?』
という質問に『自己啓発本です』と答え、
院長と話が盛り上がっていき無事ゆたに歯科に就職する事が出来ました。

私は今でも自己啓発本を読みます。

その本を貸してくれた彼と今もお付き合いしています。

私はあの時(本を貸してもらった時)本を読まなかったら、
実践しなかったら、今ゆたに歯科では働けていないと思います。

こうして地域一番実践会を通して素晴らしい方と
出会う事もなかったと思います。

あの時素直に『私の事を想って貸してくれた本だから読もう!!
何か変わるかもしれないからとりあえずやってみよう』
と実行した事がよかったと思います。

今だからあの時恋愛体質の私だから
『大好きな彼が貸してくれた本だから隅から隅まできちんと読もう?』
と思えたんだと思います。

そう思うと私の恋愛体質もよかったのだと今だから思えます。
あの時たった一言の『ありがとう』から始まり今はこうしてセミナーで
リーダーをさせてもらえるようになったり、
ハピ★スタを書かせて頂いたりと私は心から今幸せだと感じる事が出来ます。

ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
  第27回 プライマリー・クエスチョン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんは、自分に対して、どんな問いかけをしていますか?

あなたの行動の大部分を左右している質問で、
最も頻繁に投げかけている質問です。

この質問のことをプライマリー・クエスチョンと言います。

プライマリー・クエスチョンを知り、考えたのは、
4月に世界NO1コーチの
アンソニーロビンズのセミナーに参加したときのことです。

私は、自分に対して、決して、
プラスの問いかけをしていないことに気がついたのです。

私は、自分にどんな問いかけをしていたかというと、

『私がいけないの?』

すべての出来事を自分のせいだと思ってしまうのです。

なんで、自分への問いかけが、このような言葉になったのかというと、

実は、私は、小学生の時から、体系があまり変わっていないんです。
成長が早かったです。

なので、今では、考えられないのですが、後ろから
2、3番目というのが当たり前で、男の子もより大きく
みんなと同じことをしても、クラスでも目立つ存在でした。

それでかつ、人から良く見られたい気持ちが高かったので、
先生から褒められる機会が多かったです。

決して、成績が良かったわけではありません。

ただ、作文や、詩や、姿勢などがなぜか褒められ、
優等生タイプにみられていて、
そんな風にみられていることにたいして、
自分でも、悪く思っていませんでした。

ある時、生徒会にクラスで一人立候補
しないといけないことになりました。
誰も立候補しないことで、推薦ということになりました。

そして、なんと、私が選ばれてしまったのです。

『エライことになってしまった・・・』

すご~くやりたくなかったのですが、
やらざるを得ない状況に追い込まれてしまったのです。

クラス推薦とはいえ、校内からみれば、立候補
そしてやるからには、しっかりやらないといけないという思いから、

スピーチを考え、登下校のビラまきをしたりと頑張りました。


それでも、私は、やりたいことをやっているわけではないので、
選挙活動をしていること自体、両親にも言えないでいたのです。

『やりたくない気持ち』から、なぜかどこかで、
自分に嘘をついて行動を起こしている気分になっていたのでしょう。

そして、約数週間後・・・選挙活動の結果といえば、落選
すごくショックでした。

様々な質問が私の中で、繰り広げられたのです。

どうして、みんなからの推薦で、こんなにも頑張ったのに、
こんなことになってしまったんだろう?
私をちゃんと、慰めてくれないのだろう?
慰められたら、慰められたで、『そんなに構わないで』と思ったり、
みんなのために、こんなに頑張ったのに、どうして?

小学生の私には、受け止めきれませんでした。

両親にも言っていないのですから、自分で受け止め、
抱えなければいけませんでした。
そして、自分で自分を慰めて、明日からも学校に行くために、
私が出した質問と、答えは・・・


Qこんなことになったのは、私がいけないの?
A私はいけなくない。(悪くない)

ということだったのです。

小さな心を痛めなくない精一杯の自己防御に言葉でした。

(正直、生徒会ことも、自分の中で封印していたようで、
最近思い出したので、どんな経験だったのか、
よく覚えていないです)

このような自分自身への問いかけをした私は、

最近まで、自分自身へ幾度となく、

『これって、私がいけないの?』という質問を多くなげかけていました。

この言葉をポジティブに言えば、責任感があるから出てくる言葉でしたが、


・『いけない』が前提になっている。
・『いけない』ことに焦点があたっている
・出来たことに対して、焦点が当たっていない。
・自己防御

という、ネガティブ言葉だったのです。

この質問をすることによって、私は、

『そんなことないよ』
と自他ともにみとめてもらいたいと思っていました。
安心感や、つながりを感じていたのです。


リーダーの立場になり、責任の重さが強くなればなるほど、

部下の小さな失敗や、改善まで、自分の責任と思ってしまい

切羽詰まると、

私がいけないというの?
という言葉を発していたことに気がついたのです。

でも、私だけではなく、

意外と多くの人が、
このようなマイナスの問いかけをしていることを知りました。

・失敗したらどうしよう
・私のどこがいけないの?
・なんで、私にばっかり、こんなことが起きるのだろうか?
・どうやったらちゃんと、やってくれるのだろうか?
(ちゃんととは、あなたにとっての基準になってしまっている)

どうでしょうか?
なげかけてはいませんでしたか?

もし、マイナスな言葉をなげかけていたら、
プラスのプライマリー・クエスチョンに
チェンジしないといけません。


そして、これまで、言ってきた言葉以上に、
多く唱え、自分の潜在意識にまで落とし込むことが必要なのです。

私は、

どうしたらもっと、良く出来るか?
どうやったら、この状況を良く出来るか?

にチェンジしました。

この言葉は、スタッフに対しては、良く使っていましたが、
自分に対しては使えていませでした。
(落ち着いている時は考えられましたが)

今回、プライマリー・クエスチョンを真剣に考えてみたことで、

自分の思い出したくない過去を思い出すことで
、勇気のいることでした。

皆さんも、プラスではない自分にがっかりもするかもしれません。

しかし、それ以上に、大きな気づきと、
自分の生き方がプラスに変わってくることが出来ると思います。

皆さんも、この
プライマリー・クエスチョンを真剣に考えてみて下さい。


———————————————————————

「ハピ★スタ!通信」第27号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なにか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、ハピ★スタ!に出たい!
相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————


携帯用メールマガジン「ミニまぐ」
からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
の携帯版はメール配信サービス会社「まぐまぐ」の「ミニまぐ」
サービスを利用して配信しております。

ミニまぐでは新しくメールマガジンを登録する度に併せて

・「Weeklyミニまぐ」
・「Weekendミニまぐ」

※iモード, ソフトバンク(ボーダフォン),
EZwebのメールアドレスで「ミニまぐ」のメールマガジンに登録すると、

併せて登録されるメールマガジンという二つのメールマガジンに
自動的に登録されるシステムとなっております。


下記のWEBページにて「Weeklyミニまぐ」「Weekendミニまぐ」
を解除することが可能です。

メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project ハピ☆スタ!通信』
メールマガジンが解除されることはありません。

携帯用解除ページ http://mini.mag2.com/i/wm/index.html

1.リンク先ページのhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスし
「[Weeklyミニまぐ]の登録と解除」という項目で

■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

2. 以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

3.次に.ふたたびhttp://mini.mag2.com/i/wm/index.htmlにアクセスしてください。

4. 今度は「[Weekendミニまぐ]の登録と解除」という項目で
■解除メール送信をクリックして空メールを送ってください。

5.以上で解除完了です。解除メールが送られてくることはありません。

※[Weeklyミニまぐ]と[Weekendミニまぐ]は別々に設定されているので
それぞれの項目で解除作業をお願いいたします。


・その他の対処方法
またどうしても解除ができないという場合は弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、
新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————
メールマガジン「まぐまぐ」からのオフィシャルメールマガジンを解除する方法。

弊社で発送しておりますメールマガジン

・『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!通信

はメール配信サービス会社「まぐまぐ」を利用して配信しております。

まぐまぐではメールマガジンに登録する度に、
・「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」

と登録したマガジンが所属する分野の
「新着情報」および「まぐまぐ公式情報メール」
が、併せて自動的に配信されるようになります。

※『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信を登録した場合、

・ウィークリーまぐまぐ[総合版]
・ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版
・働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』

に自動的に登録されます

下記のWEBページにて

「ウィクリーまぐまぐ[総合版]」
「ウィークリーまぐまぐ[ビジネス]版」
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」

を解除することが可能です。


メルマガ解除を行いましても
『Happy Dental Staff Project』ハピ☆スタ!
通信メールマガジンが解除されることはありません。

☆解除ページ⇒http://www.mag2.com/wmag/

1.上記リンク先ページのウィークリーまぐまぐ
[総合版]という項目にて「解除アドレス」に登録した
Emailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

2.「登録を解除しました」と表示されれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ [総合版]」
と表記されていることを確認してください。

3.次にふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

4.ウィークリーまぐまぐ 新着情報(分野別)
という項目にビジネス版がありますので、そこの「解除アドレス」
に登録したEmailアドレスを入力し解除ボタンをクリックしてください。

5.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。
このときに「解除したメールマガジン」が「ウィークリーまぐまぐ
[ビジネス版]」と表記されていることを確認してください。

6.ふたたびhttp://www.mag2.com/wmag/にアクセスしてください。

7.≪まぐまぐ公式情報メール≫という項目の中に
「働く30代のための仕事術指南『キャリまぐ!』」がありますので、

そこの「解除アドレス」に登録したEmailアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

8.「登録を解除しました」と表示がされれば解除成功です。

このときに「解除したメールマガジン」が「働く30代のための仕事術指南
『キャリまぐ!』」と表記されていることを確認してください。

以上で解除設定は完了です。


・そのほかの対処方法

どうしても解除ができない。
PCが苦手で解除することができないという場合は
弊社までメールにてご連絡ください。

宛先:staff@consuldent.jp
に件名を
まぐまぐ広告メール解除希望
と入力し解除したメールアドレスを送ってください。

以上です。

ご不明な点がございましたら、新 哲也(しん てつや)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

———————————————————————


経営戦略研究所 株式会社 取締役 岩渕泉
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 
ハピ★スタ!通信編集長
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る