メールマガジン

2007年2月配信号

【ハピ★スタ!通信 -2007年2月配信 Vol.04-】

皆さん、こんにちは!
ハッピーデンタルスタッフプロジェクトのプロジェクトリーダー
歯科医院専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。

今年も宜しくお願いします。

早いもので2007年の1月も既に終わってしまいました。
気づくと、1月が終わってしまいます。
皆さんは、この1ヶ月で何を実現しましたか?

実は1月、2月というのはほとんどの人がエンジンがかかっておらず、
何もせずに終わってしまうことが多いように思います。

2月からエンジン全開で、自分自身が実現したいことを実現できるように
意識を向けてみてください。きっと、多くのことが変わるはずです。

「ハピ★スタ!通信」の第4号をお送りします。
今月も張り切って行きたいと思います。

それでは、楽しんで、プリントアウトして皆で読んでください。
お昼休に読んで、皆で感想を話し合ってみるのもいいかもしれないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岩渕龍正の「ハピ★スタ!になる方法」 第4回 「タバコを止める」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が歯科医院専門経営コンサルティングを始めて8年になります。
私が歯科医院のコンサルティングを始めてびっくりしたことがあります。

それは・・・

歯科医院で働く女性スタッフの多くがタバコを吸うことです。


その驚きは今でも変わりません。 

はっきり申し上げて、歯科衛生士でタバコを吸うのはやってはいけないこと
だと思います。

もちろん、歯科医師がタバコを吸うこともとんでもないことだと私は思います。

なぜ?

当たり前です。
皆さん、ご存知の通り、タバコを吸えば歯周病のリスクが高くなるからです。

自分たちが歯周病を予防しようと言っておきながら、タバコを吸うなんていう
のはとんでもない話です。

虫歯予防しましょうといっておきながら、
    自分が歯を磨いていないようなものです。

フロスを使いましょうと言っておきながら、自分がフロスを生活の中で
    使えてないようなものです。

更にいえば、警察官が麻薬を吸ってるようなものではないでしょうか。


それぐらい、とんでもないことだと私は思っています。
ですから、弊社の事務所は絶対禁煙です。

弊社の事務所スタッフはバイトだろうが、何だろうが、
喫煙するスタッフはクビです。

入社の面接の際にも、必ず、確認します。

なぜ、うちの事務所がそこまでするのでしょうか?
それは・・・

弊社が歯科に関わる仕事をしているからです。

それがうちの事務所の基準なのです。当たり前だと全員が思っています。


そういう意味では、歯科業界のディーラー、メーカーさんの営業マン
などでも、タバコを吸う人が多いのにはびっくりします。


なぜ、歯科医院ではこんなに重要な喫煙に関して、きちんと面接で確認し、
禁煙するように指導をしないのでしょうか?

それは院長の意識の問題でもあると思いますし、スタッフの意識の問題でも
あると思います。


どこまでを良いと考えるか、その基準の高さがその人のレベルの高さであり、
その医院のレベルを決めるのだと思います。

あなたの基準はどこにありますか?


喫煙が人体に及ぼす影響は凄いものがあります。

しかも、女性であれば生まれてくる子供にも悪影響があることは知られている
通りです。

多くの女性が「5年後には結婚して子供を生んでいたい」と言いながら、
その子供に悪影響を及ぼす可能性のある喫煙をしていることは信じがたい
ことです。


良いと思うことを実行し、
   悪いと思うことを止める


それをできる人が成長して行ける人なのだと私は思います。

先ずは、その決断をすることから、全てが始まります。


「今が楽しければ良い」
「今さえ楽しければ良い」


そんな考えをしている人に楽しい未来は待っていません。
なぜなら、「今が」楽しければ良いと言ってしまってるのですから。

その「今さえ楽しければ良い」の最たるものがタバコなのです。

あなたがこれから「ハピ★スタ!」を目指すなら、今日から禁煙しましょう!

それが当たり前の一歩なのですから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ハピ★スタ!ヒストリー   上間京子先生
 タイトル『上間ママ、教えてちょうだい!』   第4回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5.フリーランスになったのは、どうして?

私がフリーランスになったのは49歳の時ですから、
これもみなさんが私に聞きたいことのひとつですよね。

一番聞きたいことかもしれません。

49歳にもなってどうしてフリーランスになったのか、なれたのか!?と。

岩渕先生の経営塾に参加されるような医院のスタッフはモチベーチョンが高く、
若い時から自分の生き方を考え、目標設定をされる方が多くてすばらしいと
思っています。

私も若い時にこんな学びをしていたならどれだけ良かったか・・
いつもうらやましく思います。

人間は目標を持ってこそゴールを意識した生き方が出来るし、
啓発されて”大志”を抱かなければ何も起こりません。


であるなら上間は早いうちから”将来はフリーランス!”と
大志を抱いていたか!?と聞かれると、
正直言ってYESでもないしNOでもありません。

「40歳近くなってどうして勉強しようと思ったのですか?」
というタイトルのところで、すでにフリーランスになって全国レベルで
活躍していた人は”雲の上の人”遠くに燃えている火のような存在であった
と書きました。

確かにその”雲の上の人”がいなければ私はフリーランスにはなっていない
と思います。

しかし、歯科衛生士という仕事にやっと本気になった40歳の頃に
フリーランスになることを目標にしていたかというと、
それは全くありませんでした。

私の40歳から約10年間は日々の暮らしに生きることにがむしゃらでした。

通勤に一時間かけて常勤の歯科衛生士として働くことだけでも大変なことで、
家に帰れば家事があり目に見えない雑用に追われます。

女性が家庭と両立しながら働くということは大変なことで男性には分からない、
(ひんしゅくを怖れずに言えば)女性であっても独身の人には分かりません。

その上この10年は私達家族が大きな試練に見舞われた時期でもありました。
夫の転職、子供の問題、特に息子はとても難しく私の頭痛胃痛の種でした。

私自身も体調のすぐれないことが多く、
病気知らずの今からは想像もできない私でした。

しかし、この苦しい時代は私にとって黄金の日々でもあったのです。

歯周病の初期治療など歯科衛生士としての基礎的な力をつけることができ、
『歯科衛生士で良かった!』
『歯科衛生士に救われた!』
と心底思わされて、

“この仕事に恩返しをしたい”
現在の揺るぎ無いコアー、その”芯の部分”が出来上がっていったのです。

この時代を通り過ごした結果、49歳でフリーランスを選択したのはなぜか?

それは私がギリギリまで追い詰められた結果の選択でした。
何にギリギリまで追い詰められたのか・・・。


みなさんはハーズバーグの衛生理論(人間の2種類の欲求)というのを
ご存知でしょうか。
マズローの欲求5段階説と並んで有名な理論です。
参考までにまとめたものを紹介しておきます。


私は患者さんから大きな信頼を得、
医院でも特別な存在(誰も追いつけないほど仕事の出来る歯科衛生士)
となっても徐々にやる気を失っていきました。

下記の図左側のやる気の促進要因の(1)から(5)までは
見事に達成できていました。
どれひとつとして欠けたものはありません。

しかし、右側の阻害要因の(2)(6)(7)が
私のやる気を失わせていった直接原因です。

本当に明快にこのとおりです。
普通、経営者側の立場でみると雇用者のやる気促進要因をいかに
増大させることができるかが大きな課題になってきます。

しかし私は違いました。
はっきり言ってやる気の促進要因は相手から(院長)求められる
与えられる前に自分自身で勝ち取っていったと、自信を持って言えます。

しかし、評価として私の給料はあまりに安かったと思いますし、
院長を上司として経営者として信頼も尊敬も出来ないことが
多くなり過ぎたと思います。

あえて付け加えて言えばこの信頼と尊敬ということは歯科医院のように
極小の企業体の場合、(7)の管理・監督のあり方は院長の人間性に
よるところが多く、”温かみ”"優しさ”の表現、つまりスタッフとの
コミュニケーションに依るところが大きいと思っています。


長くなりますが、私にとって非常に大切なところ「HISTORY」の
前半の山場ですからしっかり書き込みたいと思います。

私が退職する(出来る)までに2年はかかりました。

300人を越す担当患者さんがありましたし、
いざ私が退職の意思表示をすると院長から予想以上の強い引き止めが
かかりました。

その頃の私の心境は袋小路に押し込められ逃げ場のない
非常に切羽詰ったものでした。

前はもちろん右も左も出口がありません。
後ろに下がることは死んでも嫌でした。

『どうしよう・・・』仕事帰りトボトボと夕暮れの道を歩いている時でした。
ふっと上を見上げると暗いけれど大きな空が広がっていました。

『そうだ!上に跳んでみよう・・』その時、そう決心したのです。

フリーランスになるにあたって数人の人に相談をしました。
しかし、誰一人広島でフリーランスが出来ると言った人はありませんでした。

“危ない冒険”だと・・。

 どんなことでも最後の決断は自分が下すしかないのです。
私は誰の応援もなく自分でフリーランスの旗を揚げました。

私が49歳にもなってフリーランスになったのは私自身の決断、選択でした。


参考:ハーズバーグの衛生理論(人間の2種類の欲求)
————————————————————————
仕事へのやる気を増大させる |仕事に対してやる気をなくす |
(促進要因) | (阻害要因)|
動機付け要因 |衛生要因 |
(直接要因・満足要因) | (間接要因・不満足要因)|
————————————————————————
(1)やりがいのある仕事を通して達 |(1)福利厚生 |
(2)達成した結果を上司や同僚に認 |(2)給与 |
成感を味わえること(達成) |(3)処遇 |
められること(賞賛・承認) |(4)作業条件 |
(3)仕事の中に自己の知識や能力を |(5)人間関係 |
活かせること(仕事そのもの) |(6)会社の方針 |
(4)責任をもって仕事を任されるこ |(7)管理・監督のあり方 |
と(責任) | |
(5)仕事を通して能力を向上させ、 | |
人間的に成長できること(成長) | |
————————————————————————

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Jokanスクール2007のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

定員5名の幻のセミナーJokanスクールの2007年開催情報を入手
しましたので、メルマガ読者の皆さんにお届けします。

私のクライアントでもJokanスクールに参加した人のほとんどが
モチベーションと技術をアップさせています。


2007年Jokanスクール 3日間コース
「歯周インスツルメンテーションテクニック」
■日 時 第1期 2007/01/07・2007/01/08・2007/02/25
     第2期 2007/01/07・2007/01/21・2007/03/04
     第3期 2007/01/07・2007/02/11・2007/03/18
     第4期 2007/01/07・2007/02/18・2007/03/25
     1/7のみAM 9:00~PM18:00 懇親会18:30~PM20:30
     以外は AM10:00~PM18:00
■会 場 1/7のみ(株)リンケージ藤波3F研修室)
     以外はハッピー歯科クリニック
■定 員 5名
■受講料 一般     ¥157,500(税込)
     セミナー会員 ¥141,750(税込)
■お申し込み・詳細
     弊社セミナーのURLはこちら
      ↓    ↓    ↓
     http://www.f-linkage.com/seminar.php


安くないセミナーですが、その効果はかなりのものです。
できれば参加するスタッフも自分で参加費用の半額ぐらいは出すように
しましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地域一番サポーター 岩渕泉の「夫婦成功セミナー」
  第3回  マイペース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは
岩渕泉です。


「マイペースとは」
辞書で、調べたら、「自分に適した速度」と書かれてありました。
しかし、その速度を決めるのは、自分です。

『あの人、マイペースよね』と言われる人は、
他人を自分の速度に合わせる人

『自分なりに、マイペースで頑張ります』
という人は、自分に甘えた速度の人
自己を正当化する為に、『マイペース』という言葉を使う。


周りに速度を合わせてもらうのか、自分が合わせるのか?
そもそも、自分らしいペースというのは、なんなのでしょう?
速度を遅くするのも、早くするのも、自分です。

私も、以前は、このマイペース、
聞こえもいいので、良く使っていました。

以前の(マイ)ペースでやっていたら、今の仕事は、出来ません。
マイペースでやっていたら、目標も見つけることが出来ませんでした。


私は、今の仕事を通して、目標をみつけ、
自分のペースを意識的に上昇させたからこそ、
今の自分がいるのだと思います。


どの女性も、様々な壁にぶち当たっています。
夫との問題、仕事の問題、子どもの問題、
上司との問題、部下との問題ナドナド・・・

現状を自分で変えようとしない、問題を認めたがらない、
人のせいにする、仕方なく運命を受け入れてしまう・・・
こうして問題は、いつまでたっても問題のまま、
収入も低いまま、充実感も、満足感も得られることもない。


しかし、問題があることに気づき、行動を起こす決心をする人には、
まったく違う結果が待っています。
これは、前回の私の営業ノートのお話でも共通していると思います。


先日読んだ本の、出産して3ヶ月で仕事に戻った女性のインタビューで、
こんな言葉がありました。

『すてきな人生でしたし、高い地位と素晴らしい息子に恵まれました。
好きな仕事で色んな仕事で色んな人たちに会えましたから、
失うものがあれば得るものもあるということでしょう。』

家庭と仕事の両立をさせてくれる秘訣だと思います。


彼女は、自分の得たいことを明確にしているから、
後悔の言葉、言い訳をしないのではないでしょうか。
そして、不平を言う前に自分の恵まれている点を数え上げて感謝しています。

これから、出産を控える(未定ですが)
私にとって、大変励みになります。


自分の周りにいる人の声だけではなく、考え方だけではなく、
自分がなりたい女性がどういう考えをもっているのかを、追求しましょう。

それは、働いている方でもいいですし、
輝いている専業主婦の方でもいいです。

そして、彼女と自分の違い、決して、旦那さんの違いにしないで下さい。
それを明確にして下さい。
妥協するのではなく、その方に近づく、
つまり、なりたい自分になって下さい。


子育てが終了し、復帰をした時に、
バリバリ仕事が出来るということは、きっとないと思います。

仕事を離れ、子育てという仕事を何気なく繰り返していた方は、
その長期に渡るブランクを埋める努力は並大抵ではありません。

それは当社にこれまで勤めてきた女性スタッフを見てもよく分ります。

この子育て期間でも、
既に意識をして、目標を持つことが、常に必要とされているのです。

そして、無計画であると、子離れするタイミングが分らず、必要以上に
子どもに依存してしまうことにもなりかねないのではないでしょうか。


皆さんの人生がより輝くことを、お祈りします。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。


ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。
⇒ http://www.hapista.com/contactus.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■働く女性の応援団長、朝倉千恵子先生のコラム
  第3回  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

朝倉千恵子です。

私は昨年・・・
物凄く色々な気付きがありました。
今年は大きく転身します。

何度も言葉に出すことで
皆様に「私は変わるんだぞ!!」という決意表明をしています。

先日ある方から
こんな言葉を頂きました。

「年中夢求・・・」

いい言葉ですね。
ずっとずっと夢を追い求める・・・

私達のチャレンジは、憧れからスタートすると言われています。

まさしく、「憧れから挑戦が始まる・・・」

「年中夢求・・・」

夢に向かって走る。
そしてその夢に期日をつけ、
目標にしたい。

「目標が人を走らす・・・」

目標を持ち、計画をたて

計画を立て、行動にうつす

行動に移すから結果がでて

結果が出るから自信につながり

自信を持つから夢が叶う・・・

サイクルですね。
好循環を作りたいものです。


        朝倉千恵子

トップセールスレディ育成塾に関しての情報はこちら↓

http://www.asakurachieko.com/preview/info/index.html

株式会社新規開拓に関しての情報はこちら↓

http://www.asakurachieko.com/

———————————————————————-

岩渕龍正です。「ハピ★スタ!通信」第4号はいかがでしたか?

何か響くものがあったでしょうか?なんか気づきはありましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
長いメルマガなので読むのも大変だったと思います。

しかし、あなたはこのメルマガを読んでいるというだけで、既に他の女性
スタッフよりも高い意識レベルにいるのです。

自分を高めるための情報を吸収しよう、そういう積極的な姿勢がとても大切
なのです。ですから、今の現時点で、既に高い意識を持っていることに自信
を持ってください。

次は、その意識を行動に落とし込むことです。
簡単な行動でも、行動を起こすことにはとても高い心理的障壁があります。

なぜなら、それまでやってなかったことだからです。

タバコを止める、とても簡単なことですが、なかなかできない
人も多いのではないでしょうか。

このメルマガの読者の中でも、どんどん、貪欲に実践していく人が成功し、
行動しない人は大きな成長を手に入れることは出来ないと思います。

是非、1つ1つ実践してみてください。

そして、実践した結果報告、メルマガの感想、相談したいことなどがあり
ましたら、下記アドレスからメールを送ってください。

⇒ http://www.hapista.com/contactus.html

メルマガ上でご紹介、相談へのお答えなどさせていただけるかもしれません。
※直接の返信はできませんので、ご了承下さい。

それではまた、来月にこのメルマガでお会いできることを楽しみにして
います。
———————————————————————-
経営戦略研究所 株式会社 代表取締役
ハッピーデンタルスタッフプロジェクト プロジェクトリーダー
      岩渕 龍正(いわぶち りゅうせい)
  ⇒ < http://www.hapista.com/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

(筆者プロフィール)
  ⇒ < http://www.hapista.com/members.html >

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.hapista.com/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
———————————————————————-

一覧に戻る