• 「ミーティング中は終始無言、腕を組み、脚を組み、目を合わせようとしない。意見を聞いても“特に無いです”と積極的に参加しようとしない」
  • 「何度注意しても同じ場面でミスを連発。しかし勤務時間外に練習するでもなく、出勤時間ギリギリに出勤し、退勤時間になれば速やかに帰って行く」
  • 「スキルアップのために、セミナーへの参加を促したら“この日は休みなんで嫌です”とあっさり断られた」
  • 「在庫があと何個残っているのかをしっかり確認せず、大量に備品を注文してしまう」
  • 「“どうせ同じ給料なら、1日の患者数は少ない方が楽で良いよね”という言葉が、スタッフルームから聞こえてきた」
  • 「医院の業績が良かったので、良かれと思ってスタッフに食事をご馳走したところ、誰ひとりとして“ごちそうさまでした”と言うスタッフがいなかった」
  • 「“この書類は●月▲日までに提出して下さい”と伝えているのに、提出期限を過ぎても一向に提出してくる様子がない」
  • 「診療後はペチャクチャ話をしながら後片付けを行い、いつまでもダラダラしている姿を見て“こいつら残業代稼ぐために、わざと遅く片付けやってるんじゃないだろうか?”と思った」
  • 「この前、スタッフと個人面談をしたら“私の友達も歯科医院で働いているんですが、ここよりもっと多くの給料を貰っています。何でうちはこんなに給料が安いんですか?”と言われてしまった」

これらの言葉は、私がコンサルティングの中で、クライアントの院長先生から実際に相談されたお悩みの数々です。きっとこの文章をお読みの院長先生も、一度はこのような経験をされた事があるかも知れません。

こんにちは。歯科医院地域一番実践会 の岩渕龍正です。

私はこれまで約50件以上の歯科医院の経営のアドバイスに関わり、その中で500名を超えるスタッフの方々と個人面談をしてきました。

その経験でハッキリと分かった事実があります。
それは『人の悩みを抱えている歯科医院は、経営的にも伸び悩む』という事です。

もっと泥臭く表現するならば、院長は「うちの医院のスタッフときたら、こんな事も出来ない、あんな事も出来ない、ここまでレベルが低い」と愚痴をこぼし、一方スタッフは「うちの院長はすぐに怒ったり、診療中無視したり、指示が分かりにくいんですよ」と院長に対して不平不満を口にする、そんな“他者を責め合うチーム”は業績も上がりにくい、という事です。

「なぜそうなるのか?」考えてみれば明らかなことです。

それは「歯科医院は少人数制の組織」だからです。大企業のように、ひとつの部署で何十人もいるような組織と違い、スタッフひとりひとりの役割が極めて大きいのが、歯科医院という業種なのです。言い換えれば院長含め、そこで働くひとりひとりが、どんな事を考え、どんな事を言葉にし、どんな行動をしているかが、すぐに業績に直結する業種なのです。

おそらく前述した“他者を責め合うチーム”から脱却する事が出来れば、毎月の業績で50万円~100万円は違ってくるのではないでしょうか。毎月の単位で考えても大きい額ですが、年間にすると600万円~1200万円の差ですから、如何に組織が活性化する事が業績に影響を与える業種なのか、という事がご理解頂けたと思います。

ところで冒頭にある院長先生のお悩みの数々には、ある共通点があるのに気付かれましたか?

それは「技術的な悩みは一切書かれていない」という事です。

もちろん私が技術を上げるための具体的なアドバイスが出来る訳ではない事も一因かも知れませんが、私がこれまで50名を超える院長先生からお話を伺ってきて「あのスタッフは、TEKの作成が遅くて…」「このスタッフのスケーリングは、こんなに遅くて雑なんですよ」などという、いわゆる“技術的な悩み”は殆ど耳にした事が無い、という事です。

多くの院長先生は、スタッフの技術不足に悩むのではなく、スタッフとの価値観のズレ、考え方のズレによって悩むのです。それを私は「仕事観」と表現しています。

「仕事観」とは「“何のために働くのか”“仕事を通じて、自分はどんな人生を歩んでいきたいのか”“この歯科医院でどんな事を成し遂げたいのか”という価値観のこと」です。この仕事観が医院全体で統一されていないために、多くの院長先生はスタッフの事で悩んでしまうのです。

『本当は仕事観を統一させなきゃいけないのは分かってる!でも、どう伝えたら良いのか分からないから、悩んでるんじゃないか!』という怒りの声が聞こえてきそうですので、私が解決策をこっそりお伝えします。

それは「仕事観の統一を外部の第三者に依頼する」という事です。

私が『歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー』と題して、あなたの医院に訪れ、仕事観の統一を図るためのお話をたっぷり4時間、情熱的にお話させて頂きます。

歯科業界問わず、ビジネス全体で言える事ですが、今後重要になってくる考え方として「自分にしか出来ない事に時間・費用・エネルギーを投入する」というものがあります。

院長であるあなたにしか出来ない事。それは「院長先生がこれまで培ってきた知識や技術、エネルギーを、患者様への治療に注ぎ、患者様に最高の医療をご提供する」という事ではないでしょうか。

私はあなたのように患者様に最高の医療を提供する事は出来ません。
しかしあなたの医院の仕事観を統一する事は出来ます。

「でも、最近特に歯科医院の経営コンサルタントは増えてきていますよ。そんな中でなぜ実践会に依頼する必要があるのですか?」

そんな風に思われる院長先生もいらっしゃるかも知れません。

「歯科医院新人スタッフ研修2008・大阪会場」の講座中です。新人研修はスタートわずか1年で既に700名以上が受講している、超人気セミナーです。

前述したように私はこれまで約50件の歯科医院の経営のアドバイスをしており、これまでに500名以上のスタッフと個人面談を実施し、現在クライアントは約20件。北は北海道から南は九州宮崎県まで、日本全国各地の歯科医院のコンサルティングをしております。ここまで現場に入ったコンサルティングをしているのは、私達歯科医院地域一番実践会のコンサルタントだけではないでしょうか。

新人研修の演習中の様子です。ここまでゲストが真剣に演習に取り組むセミナーは他には無いかも知れません。

更に、昨年からスタートした『歯科医院新人スタッフ研修』のメイン講師として、わずか1年あまりで700名以上の受講者から「仕事に対する意識が変わった」「感動した」と喜びの声を頂いておりますし、今年からスタートした『歯科医院新人スタッフ育成塾』でもメイン講師として、日本全国から集まった100名以上のスタッフに対して、年4回シリーズのセミナーを開催しております。

この事実こそ、私があなたの医院の仕事観を統一するお手伝いが出来ると思っている理由です。

ところであなたはNHKの『プロフェッショナル~仕事の流儀~』という番組をご存じですか?

これまで実に多くの業種の第一線で働くプロフェッショナルが取り上げられ、プロフェッショナルのこれまでの挫折や成功体験、仕事に対する考え方、人生観などを伝える、素晴らしい番組です。

歯科医院は「チーム医療」です。このように皆で喜びを分かち合えるチームを作っていきませんか?

私もこの番組が好きで楽しみにしていますが、この番組を観ながらいつも思う事があります。

それは「歯科医院で働くスタッフひとりひとりが、この“プロフェッショナル”で取り上げられるような人材だとしたら、どれだけ素晴らしい事だろう」という事です。

プロフェッショナルに登場する人は、とても良い表情をしながら仕事をしています。あなたの歯科医院で働くスタッフにも、良い表情で仕事をしてもらいたいと思いませんか?
  • 「歯科医院で働く全ての人を、プロフェッショナルに登場するような人材にしたい!」
  • 「多くの歯科医院を、プロフェッショナルに登場するようなチームにしたい!」
  • 「他業界から“歯科医院で働く人は、プロ意識が強い”と歯科業界がお手本になれるようになったらステキだな!」

そんな願いを込めてこのセミナーを『歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー』と名付けました。

このセミナーは私があなたの医院にお伺いしてお話させて頂きます。
つまり医院全体で聴く事が可能だという事です。

通常セミナーと言えば、会場が別に設けられていて、参加希望者がその会場を訪れ、セミナーに参加にするという形が一般的です。しかしその形は「セミナーに参加したスタッフと、参加しなかったスタッフとで温度差が出てくる可能性がある」というデメリットもあります。

この「歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー」は私が医院にお伺いし、院長先生含めスタッフ全員で聴いて頂く事が可能です。よって前述した「セミナーに参加したスタッフと参加しなかったスタッフとで生じる温度差」は極めて起こりにくい、という事がこのセミナーの大きなメリットのひとつでもあります。
ちなみに、このセミナーで行う内容の一部分をご紹介すると・・・

※これらはほんの一部分です。
※内容は『歯科医院新人スタッフ研修』がベースですが、新人研修ではお話出来なかった内容も、歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナーでは、たくさんさせて頂きます。

これらの内容をたった4時間で伝えてしまうのです。さすがにこれはセミナーを定期的に開催しているプロフェッショナルでないと、出来ない技だと思います。

このセミナーを申し込まれるにあたって、以下のように思われる方がいらっしゃると思います。可能な範囲であなたの不安にお答えしたいと思います。


時間はどの程度必要なの?

セミナーそのものは約4時間です。
その他、最初の準備に5分~10分。合間の休憩時間。最後の演習に約10分位という感じですので、大体4時間30分位だと思います。
ですので、例えば「午前中は診療して、午後からセミナーを聴く」「午前にセミナーを聴いて、午後から診療する」という事も可能だと思います。

「歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー」は数回に渡るセミナーなの?

このセミナーは単発制になっております。
『歯科医院地域一番実践経営塾』や『歯科医院新人スタッフ育成塾』のように、年4回の通年制、という形式ではありません。1回限りで完結するセミナーとなっております。

「医院内でセミナー開催」って事だけど、何か医院で準備しておくものはあるの?

スタッフの人数分のテキストを持参(スタッフが大人数であれば、事前に郵送させて頂くかも知れません)しますので、特に必要はありません。筆記用具だけで結構です。

金額はいくらですか?

金額は以下の通りです。
関東エリア:260,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
関西・中国エリア:280,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
東北・中部エリア:270,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
北海道・四国・九州エリア:290,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)

※但し、人数が16名様以上の場合は、上記料金プラスお一人様につき、10,000円の追加料金が必要になります。

この金額を見て、高いと思われるか、安いと思われるか、院長先生ご自身でご判断して下さい。私の意見としましては、前述したようにチームが活性化するだけで、業績は数十万から数百万円の違いがあると思っています。そういう意味では、この投資はかなり費用対効果の高いものだと確信しております。
もうひとつの考え方として、複数のスタッフがセミナーを受講するケースをお考え下さい。
スタッフ人数分のセミナー受講費や、交通費などの出費を考えますと、決して他のセミナーと比べて、本セミナー料金が高い訳ではない事がご理解頂けると思います。

複数の歯科医院に声をかけて、セミナーを聴くのはOKですか?

特に問題ございません。もちろん受講される医院が複数であっても、費用は上記金額です。「費用×医院数=ご請求金額」ではありませんので、ご安心下さい。しかし医院に入りきらない位の人数であれば、セミナールームや会議室の手配をして頂く事になりますし(会場費は医院様のご負担になります)、プロジェクターやスクリーンも借りて頂く必要があります。また、テキストの配布などをサポートして頂く事になりますので、予めご了承下さい(30名程度であれば、私ひとりで対応可能です)。

セミナーを聴くにあたって、スタッフにはどのように説明したら良いですか?

「これまでしっかりと“何のために仕事をするのか”などの価値観を、医院として伝えてくる機会がなかったので、今回は外部から講師を招き、お話してもらう事にしました。ぜひたくさんの事を吸収して、翌日からの仕事に活かしていって下さい」

おそらくこのようなアナウンスで大丈夫だと思いますが、事前アナウンスにつきましては、セミナー開催が決定した後に、個別にお話を聴かせて頂き、それに沿ったご対応をさせて頂きますので、ご安心下さい。

いきなり叱ったり、厳しい事を言われて、スタッフが辞めちゃったらどうしよう・・・

いきなり叱ったり、厳しい事を伝える事はありません。よって「あの人の話を聴いて、退職したくなった」という事は、99%無いと思って頂いて結構です。

私が講師を務めます「歯科医院新人スタッフ研修」「歯科医院新人スタッフ育成塾」でも、私の話が直接の原因で退職になったというお話は一切聴いた事がありません。よって、これまで800名近くの人が聴いて、退職に結びついた事は無いという事です。

「歯科医院地域一番実践経営塾」のように、宿題はありますか?

セミナー中にいくつかの演習に取り組んで頂きますが、事前事後の宿題、課題はありません。

「歯科医院新人スタッフ研修」のように、新人を対象としたセミナーなの?

この「歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー」は「歯科医院新人スタッフ研修」のお話がベースにはなっていますが、全く同じお話ではありません。よって、新人のみを対象にしたセミナーではありません。仕事観の統一を目的にしながらも「活性化している医院の特徴」「こんなスゴいスタッフがいる!」「業績の高い医院と、そうでない医院の違い」など職種問わず、経験年数問わず、聴いて頂ける内容だと思います。

勤務医がこのセミナーを聴く価値はありますか?

多くの勤務医は「高い技術の習得」を第一の目的として、日々仕事をしていますので、私がお話させて頂く「仕事観の統一を図る」などの、いわゆる“目に見えない話”はピンと来ない傾向があります。ですので、勤務医にも私のセミナーを聴いてもらいたいと思われるのであれば「なぜあなたにもこのセミナーを聴いて欲しいのか」「このセミナーを聴く事によって、あなたにどんな事を期待しているのか」を、スタッフ以上に丁寧にご説明し、理解を得た方が良いです。特に事前アナウンスなしに、セミナーに参加させてしまうと「何でオレがこんな話を聴かなきゃならないんだ」と思ってしまう可能性がありますので、ご注意下さい。

このセミナーをより効果的にする方法ってありますか?

これは他院にご見学に行かれた際も同様なのですが、大切なのは「うちの医院は、自分自身はその後の仕事で、どんな事を実践するのか」という具体的な実践内容が決まり、その後の行動に反映される、という事を第一の目的とする必要があります。

よってセミナー受講後は、出来るだけすぐに「このセミナーを聴いて、どんな事を実践するのか」を医院全体で話し合われる事をオススメします。
ちなみに、セミナーの最後に「このセミナーを聴いて、どんな事を実践するのか」を書いてもらう演習がありますので、その演習で書いた内容を、各スタッフに発表してもらう形式がよろしいのではないかと思います。

「歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナー」のDVD、CDの販売はないの?

大変申し訳ございませんが、このセミナーは生で聴く事こそ意味がありますので、DVD,CDの販売は致しません。ご了承下さい。

このセミナーを聴いたら、本当に医院は活性化するの?

もちろん100%というのは難しいと思います。私がお話させて頂くにあたって、その時の医院の状態がどのようになっているのかも大きく左右されると思います。例えば、A歯科医院では新たなスタッフが入社してきて、医院全体が「よしっ!これから頑張っていこう!」という雰囲気であり、一方、B歯科医院では今まで医院を支えてきた主要スタッフが、院長とケンカして退職していった事もあり、院内の雰囲気は最悪という場合、私の話が伝わりやすいのは、当然A歯科医院という事になります。医院様の現況により、結果は大きく異なってくるという事を、予めご了承下さい。

なので、100%とは必ずしも言い切れませんが、私がメイン講師を務める「歯科医院新人スタッフ研修」「歯科医院新人スタッフ育成塾」を受講した方から、このような喜びの声を頂いております。

受講された方の喜びの声

大阪府 西尾歯科クリニック 歯科助手 岡本有理子 様

今回のセミナーありがとうございました。仕事に対する考え方や生きていくうえで大切なことを教えていただきました。

このような勉強の機会を与えていただけて嬉しいです。内容が本当に濃くて、大変勉強になりました。

これからも、セミナーに参加させていただきたいと思いました。ありがとうございました。

広島県 大名歯科 歯科衛生士 内方加奈 様


本当にためになったと思います。明日からの仕事に対する気持ちや、普段の生活も変わっていく気がします。

今、自分にできることは何か、何をすべきか、目標を立てて、日々を過ごしていきたいです。本当にありがとうございました。

兵庫県 下田歯科医院 歯科医師 下田隆史 様


副院長という立場からの参加でしたが、「歯科医院の新人スタッフ研修」というよりは、「人生の心構え研修」という意味合いの方が強く、とても多くのことに気づかされました。
すぐにでも行動に移せるものは実行していきたいと思います。

千葉県 共立歯科医院 歯科衛生士 伊藤めぐみ 様

勤続6年目です。モチベーションを上げ続けるのが難しく、最近「次は、さて、何をしたら良いものか・・・」と少し壁にぶち当たっていたが、セミナーに参加し、刺激になり明日からまたモチベーションを上げて、仕事が出来そうです。

いま、私が医院の為に何が出来るか、必要か考え、見つけ、一つ一つ実践していきます。

本日はありがとうございました。大変参考になりました。

栃木県 2丁目石井歯科医院 歯科衛生士 小倉久恵 様

今回、セミナーに参加できたことを感謝します。

今年で13年目の衛生士になりますが、初め「新人」というテーマで、少し、どうかな?と思うこともありましたが、また改めて自分自身に「カツ!」を入れることができました。

明日から上を向いて直ぐ、山を登っていけます。本当にありがとうございました。

大阪府 医療法人 ヨリタ歯科クリニック スマイルクリエーター(受付) 木原恵美 様

とても勉強になりました。このような考え方をしていけば、自分自身も成長できるし、周りのスタッフ、患者様にも良い影響を与えていけて、結果的には医院の向上につながるんだと改めて気づくことが出来ました。

今日から学んだことを必ず実践していきます。本当にありがとうございました。

佐賀県 なかはら歯科医院 受付・歯科助手 中座洋子 様

「新人」という年数ではなく、当医院に勤務して9年になり、日々の診療に『繰り返しの作業』的感覚がありました。

自分自身もこれでは良くないと思いつつも、行動に移すことができずにいました。
これを良い機会に「まずは実行する」を行いたいと思います。



如何ですか?お申し込みされるにあたっての疑問点は解消されましたでしょうか?

最後にお伝えしておきたい事があります。
このセミナーは「1ヶ月5医院様限定」なのです。

前述したように、私は現在約20件のクライアントを抱えており、毎日日本全国各地を縦横無尽に移動する、超多忙な生活をしております。通常の定期コンサルティングも最低半年はお待ち頂いておりますし、スポット型コンサルティングの「簡易経営診断」でさえ、お申し込み頂いてから、約3ヶ月はお待ち頂く程です。

そんな中でこのセミナーを開催する理由は、これまでお伝えしてきたように「多くの歯科医院をプロフェッショナルな集団にしたい!」という事の他に「すぐにコンサルティングを受けたいんだけど、なかなか引き受けてもらえない。だけど話をなるべくすぐに聴きたい!」「本当はうちのスタッフに、新人研修や育成塾に参加してもらいたいんだけど、日程の関係上断念せざるを得なかった」という医院様の声が、私の想像以上に多かったからです。

日々の超多忙な生活と、これら多くの医院様のお声を天秤にかけた時に、私のお伺い可能なギリギリのラインがこの「1ヶ月5医院様限定」なのです。

かなりのお申し込みが予想されます。

定期コンサルティング同様、お申し込みが遅くなればなるほど、私のスケジュールは他の医院様で埋まっていき、あなたの医院でセミナーを実施させて頂くのは半年後、なんて話は全く非現実的なものではありません。ぜひお早めにお申し込みされる事をオススメ致します。

最後になりましたが、想像してみて下さい。

あなたがこれまで情熱を注いできた歯科医院が、これまで以上にプロフェッショナルな集団になるとしたら…。

あなたと、そしてあなたの医院のスタッフとお会い出来る事を心から楽しみにしております。

開催日程

開催日 お申込をご希望の方はスケジュール調整をいたしますのでご希望の日時をご連絡事項にご入力していただくか、弊社事務スタッフまでご連絡ください。
講座内容 講座時間は約4時間です。講座時間と講座内容は以下の通りです。

歯科界の現状とこれから目指すべき方向性(60分)
歯科界の現状はどうなっているのか?その現状を把握した上で、そこで働くスタッフはどのような方向に進むべきなのかを、分かりやすく説明します。

10分休憩

自分の社会人としての意識を知る(90分)
今の自分は社会人として、どの位の意識なのか?自分の医院の事をどれだけ理解しているのか?自分自身を深堀りして頂きます。

10分休憩

社会人としてどのような意識で仕事をすべきなのか(90分)
これから社会人として働く上で心掛けるべき気持ち、どのような行動をする事が大切なのかをお伝えしていきます。
開催場所 貴院様で実施させて頂きます。
料金 関東エリア:260,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
関西・中国エリア:280,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
東北・中部エリア:270,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)
北海道・四国・九州エリア:290,000円(消費税別、交通費、宿泊込み)

※消費税別、交通費、宿泊費込み
※但し、人数が16名様以上の場合は、上記料金プラスお一人様につき、10,000円の追加料金が必要になります。
お申込方法 下記FAXお申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX下さい。お申込確認後スケジュール調整などのご連絡の上、依頼書を送らせていただきます。
お問合せ 経営戦略研究所 株式会社
歯科医院地域一番実践会 地域一番サポーター 池田明子
TEL.045-440-0312 FAX.045-440-0322

お申し込みフォーム

医院名
院長名
郵便番号: ※半角で 記入例:221-0834
ご住所
電話番号 ※半角で 記入例:045-440-0312
FAX番号 ※半角で 記入例:045-440-0322
メールアドレス ※半角で
ご連絡事項
※具体的な相談事項などをご記入下さい。
無料メールマガジンの購読  購読する 購読しない すでに購読している

日本初の女性スタッフモチベーションアップメルマガ『ハピ★スタ!通信』
歯科医院で働く女性スタッフがイキイキ、キラキラ、ワクワクして働けるようになるための情報をお届けします。

※女性スタッフのことを考え、携帯メールも登録可にしました。
無料小冊子 無料小冊子の送付を希望しますか?
 希望する 希望しない
本サイトを
どのようにして
お知りになりましたか?